「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【がんばっぺ!】茨城県のバスケ強豪校3選

2016 8/26 04:36
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

空にそびえる筑波山と大地を潤す霞ケ浦。豊かな自然に育まれた茨城の地でバスケに青春を燃やす高校生たち。そんな彼らがしのぎを削る白熱したバスケットコートに「がんばっぺ!」のエールを送りつつ、茨城県のバスケ強豪校を紹介する。

超名門!強豪「土浦日本大学高等学校」バスケ部

土浦日本大学高等学校は、土浦市にある日本大学の系列付属の私立高校で、1963年に設立された。特別進学コース・総合進学コース ・グローバルスタディーコースと3つの進学コースがあり、総合進学コースはバスケをはじめ部活動が盛んに行われている。
日本航空の元ヘッドコーチである荒順一や、新潟アルビレックスBBアシスタントコーチの平岡富士貴をはじめ、堀川竜一や高島一貴など多くのプロバスケ選手を輩出している「バスケの超名門校」である。
もちろん現男子バスケ部も数々の県大会優勝の常連だ。「打倒!土浦日本大学高等学校」の他校の追随をどのようにかわすのだろうか。

茨城県高校バスケのニューウェーブ!「つくば秀英高等学校」バスケ部

つくば秀英高等学校は筑波研究学園都市にある私立高校で、自主・博愛・創造の精神を掲げる1995年設立の、まだ若い学校だ。
校歌の「風光る」を歌手のさだまさしが作詞・作曲をしたことで話題になったこの高校は、江柄子裕樹や塚原頌平らのプロ野球選手、山本大介や野口真寛らのラグビー選手を輩出したスポーツの名門校でもある。
男子バスケ部も県大会上位進出の常連で、土浦日本大学高等学校や 常磐大学高校といった強豪校相手にどう戦うかが優勝へのカギとなる。

おすすめの記事