「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【いも煮パワーでダンク!】山形県のバスケ強豪校5選

2016 8/26 13:36
バスケット ドリブル
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

高校バスケファンへ向けて、山形県の高校バスケ事情についてご紹介したい。
山形県の高校バスケは、隣接する全国トップの秋田や宮城に刺激を受けてか、バスケ部の活動も盛んだ。
そんな山形県の不動のトップ校から期待のチームまでバスケ強豪校を5校ご紹介する。

県立山形南高等学校バスケットボール部

県立山形南高等学校は山形市にある県立高校です。文武両道を教育理念にすえる本校は、運動部の活動も盛んで、なかでもバスケットボール部は県内では不動の王者の実力を見せている。
インターハイ、国体、ウインターカップの三大大会の予選では、ほぼ例外なく決勝に進むという尋常でない成績を残しており、他校にとっては、「山形南を破ること=全国大会への切符」と考えられているほどだ。
今後も本校がトップ校に君臨することは間違いないが、日大山形や羽黒高校など本校に続く強豪も現れてきており油断はできない。

羽黒高等学校バスケットボール部

羽黒高等学校は、鶴岡市にある私立高校。自動車システム学科という珍しい専攻コースを設置しており、日本で唯一、校内に公認の自動車教習所がある高校としても全国的に有名だ。
運動部の活動が大変盛んで、甲子園で山形県勢初のベスト4を記録した野球部がよく知られている。バスケットボール部もまた、近年躍進を見せている。専用体育館やトレーニングルームを持つ恵まれた環境を求め、県内外から優秀な選手が集まる。山形南に次ぐ強豪として、三大大会の予選などでは上位の常連となっている。

日本大学山形高等学校バスケットボール部

日本大学山形高等学校は、山形市にある私立高校。県内では最大規模の学校であり、それだけに部活動も盛ん。全国大会で優勝経験のある部を多数抱える。
バスケットボール部もそのひとつで、名実ともに日本最強である能代工業を破り日本一になった経験もある。国体での優勝や夏のインターハイでの三度の準優勝など、過去の栄光は素晴らしいものがあるが、近年はその勢いにややかげりが見え始めている。古豪復活をめざし厳しい練習に励む日々が続いている。

鶴岡東高等学校バスケットボール部

鶴岡東高等学校は鶴岡市にある私立高校。「秩序・忍耐・努力」を校訓としており、教員生徒一丸となって文武両道での鍛錬に励む。
バスケットボール部は、近年力をつけてきている学校のうちの1つで、平成28年の県高校総体では山形南、羽黒高校のツートップに次いで3位入賞という成績を残した。日ごろの練習では、適切な食事管理などバスケ以外の面でもきっちり習得させることをモットーとしており、そういった地道な努力が近年の好成績に反映しているのだろう。

山形学院高等学校バスケットボール部

山形学院高等学校は山形市にある私立のキリスト教系高校。1908年創立という歴史ある学校で、人類の福祉と世界平和に貢献する人間を育てることを教育理念としている。部活動も盛んだが、穏やかな校風が反映してか運動部の成績は発展途上といったところだ。
しかしそのなかでもバスケットボール部は健闘している。平成28年度県総合体育大会では羽黒高校に惜しくも敗れたが、ベスト4入りを果たしている。新しくできた体育館で、トップチームに追いつけ追い越せを目標に、今日も選手たちは厳しい練習に励んでいる。

まとめ


山形県の高校バスケ界は山形南がぬきんでた存在で、そこに羽黒高校と古豪日大山形が加わった3強チームに特徴がある。
たしかに山形南の壁は分厚いですが、他のチームも新人戦では上位に食い込んでいるので、あとは練習次第で強豪校に名を連ねてくることが期待される。
これからの山形県高校バスケ界、要チェックだ!

関連記事

おすすめの記事