「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【まかへどけ!】秋田県のバスケ強豪校5選

2016 8/26 13:36
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

全国の高校バスケファン必見。
本稿では秋田県のバスケ強豪校にフォーカスをあてて、
かつて無敵を誇ったあの高校から、その常勝軍団を止めたダークホースまで、全5校を紹介しよう。

前人未到の9冠で日本バスケ界を変えた超名門「能代工業」

能代工業は能代市にある公立の工業高校。
田臥勇太(現・リンク栃木ブレックス)が高1入学~卒業までの3年間で史上初となる9冠を達成したことは、日本バスケットボール史に語り継がれるべきまさに偉業。全国大会での優勝回数、なんと58回。今も強豪校としてその名を轟かせているのはもちろんのこと、秋田県の高校バスケ界だけでなく、日本の高校バスケ界の「象徴」である。
あの青春バスケ漫画『スラムダンク』のラストを締めくくる強敵のモデルにもなり、90年代に高校バスケの認知度を爆発的に上げた立役者でもある。近年はライバル校がメキメキ実力をつけており、新人戦・インターハイでも黒星をつけられるなど、王者の座も安泰ではなくなってきている。
ウィンターカップで覇権を奪回すべく、再びチーム立て直しと強化に着手している。

走るバスケで秋田県王者に!超名門を止めた「平成」

平成高校は、横手市にある公立校。近隣2校が統合されて設立された、開校22年目とまだまだ若い学校である。
今年に入り能代工業に対し公式戦2戦2勝を挙げている。最初の公式戦である新人戦では、決勝リーグで対戦し98-70で勝利、そのまま無敗で県No.1の座を獲得した。
6月のインターハイ秋田県予選決勝も勝利し、能代工業の同大会47連覇を阻止することに成功したのである。前半は王者の猛攻にさらされ最大17点差のビハインドを負うも、決勝までの4試合で平均144点を叩き出した、走って獲るオフェンス力で徐々に差を詰めていく。第3Qでついに逆転し、最後まで攻撃の手を緩めず、前回王者を相手に100点ゲームを達成。
秋田県の新王者として、夏のインターハイに挑む彼らの活躍に注目したい。

おすすめの記事