「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【どんど晴れ!】岩手県のバスケ強豪校5選

2016 8/26 13:36
バスケットシュート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

岩手県はbjリーグで活躍するプロチーム「岩手ビッグブルズ」のホームタウンということで、高校生のバスケ部の活動も盛んな地域だ。現在の岩手県高校バスケ界は、盛岡市立、盛岡南の2校がツートップとして君臨してるが、トップを脅かす高校も出現している。

盛岡市立高等学校バスケットボール部

盛岡市立高等学校は盛岡市にある公立高校で、「若き日に身体を鍛え知能を磨き情操を深め教養を積め」を校訓とする1920年創立の伝統校である。部活動は運動部が強豪として有名であり、バスケットボール部は県内トップチームとして君臨している。
インターハイ、国体、ウインターカップの三大大会では、必ずといってよいほど決勝に進む実力を持ち、全国大会でもベスト8に入る名門だ。OBも、2015年NBLで日本チャンピオンとなった東芝ブレイブサンダースで活躍する晴山ケビン選手など、プロ選手を数名輩出。後輩たちも偉大な先輩たちを目標に厳しい練習に励んでいる。

県立盛岡南高等学校バスケットボール部

県立盛岡南高等学校は、盛岡市にある公立高校だ。1983年創立という大変新しい学校だが、体育コースを設置し、県内の運動選手育成に大きな貢献をしている。なかでもバスケットボール部の実力は盛岡市立にならぶ強豪であり、岩手県特別強化指定校に認定されている。
三大大会の予選では、盛岡市立と常に優勝争いを見せる不動のシード校だ。OBも日本代表の川村卓也選手などプロ選手を多数輩出しており、岩手県を代表する強豪として成長しつつある。

おすすめの記事