「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【じょっぱりパワーで駆け抜けろ!】青森県のバスケ強豪校5選

2016 8/26 13:36
バスケット 試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

今回は高校バスケファンの方々へ、青森県の高校バスケ事情についてご紹介したいと思います!
bjリーグで活躍する「岩手ビッグブルズ」は県内初のプロスポーツチーム。
それに続く高校バスケ部界の活動も熱いものがあります。そんな青森県からバスケ強豪校を5校ご紹介します。

県立弘前実業高等学校バスケットボール部

県立弘前実業高等学校は弘前市にある公立の実業高校です。日本一のりんごの産地にふさわしく、日本で唯一、りんごの専攻コースを設置している学校として有名です。運動部の活動も大変盛んで、特にバスケットボール部は青森県ではトップチームとして長く君臨しています。インターハイ、国体、ウインターカップの三大大会予選では優勝が当然視されるほど。
他校にとっては弘前実業を破ることが全国への近道とみなされています。OBにもプロ選手が多数おり、棟方公寿さんのようにプロチームのヘッドコーチとして活躍する人物も輩出するなど、日本バスケ界への貢献も目を見張るものがあります。

八戸工業大学第一高等学校バスケットボール部

八戸工業大学第一高等学校は八戸市にある私立高校です。運動部で優秀な選手を多く輩出する高校であり、ロンドンオリンピック女子レスリングの金メダリストである小原日登美さんや、長野オリンピック女子アイスホッケーで日本代表主将をつとめた近藤陽子さんなど、世界的に活躍する選手の母校です。
バスケットボール部も弘前実業に並ぶ強豪として県下では知られており、県高校総体予選での優勝やウインターカップ出場経験など、上位校にふさわしい成績を残しています。

県立八戸工業高等学校バスケットボール部

県立八戸工業高等学校は八戸市にある公立の工業高校です。県下にある公立の工業高校のなかでは特にバスケットボール部の活動が盛んな高校であり、弘前実業や八戸工大第一のツートップに追いつけ追い越せと練習に励んでいます。
平成28年度の春季バスケットボール大会では惜しくもベスト4に終わりましたが、平成27年度の同大会では決勝戦で弘前実業を破り、見事優勝を果たしました。2強時代が長く続いている青森県下で近年急速に力をつけている高校のひとつです。

青森山田高等学校バスケットボール部

青森山田高等学校は青森市にある中高一貫の私立高校です。スポーツ教育を前面に押し出す高校として全国的に有名であり、インターハイ優勝常連で福原愛選手も学んだ卓球部、甲子園常連の野球部、男子テニスの錦織圭選手がOBであるテニス部など、スポーツエリートを育成する高校の名にふさわしい成果をあげています。
バスケットボール部も県下では強豪のひとつですが、上位常連校にはばまれ、なかなかベスト4に食い込むことが出来ていません。練習環境はパーフェクトですので、あとは日々の練習次第で、上位に食い込む可能性を秘めています。

八戸学院光星高等学校バスケットボール部

八戸学院光星高等学校は八戸市にあるカトリック系の私立高校です。1956年創立と比較的新しい高校ですが、運動部を中心にめざましい活躍をあげつつある高校です。なんといっても夏の甲子園で3年連続準優勝という史上初の快挙を成し遂げた野球部や、オリンピックメダリストを輩出しているレスリング部などが有名です。
そんななかバスケットボール部も健闘しており、平成28年度の春季バスケットボール大会で、弘前実業、八戸工大一高を破って見事優勝。一躍県下にその名を知らしめました。今後の青森県高校バスケ界ではもっとも躍進の期待されるチームだといえるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。これまで青森県の高校バスケ界は、野球や卓球、テニスなど日本屈指のレベルを誇る運動部の影にかくれていましたが、弘前実業など全国区の強豪もひしめいています。
これからの青森県高校バスケ界、要注目です!

以上「【じょっぱりパワーで駆け抜けろ!】青森県のバスケ強豪校5選」でした。

関連記事

おすすめの記事