「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ】2017年ー2018年シーズン各チーム新外国人選手紹介

2017 11/13 16:12mono
バスケットボールプレイヤー
このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人選手の活躍が勝利を左右する

2017年ー2018年シーズンが2年目となるBリーグ。2016年ー2017年シーズンは日本人初のNBAプレーヤーでもある田臥勇太選手率いる栃木ブレックスが王者に輝いた。その要因のひとつにライアン・ロシター選手の活躍がある。身長206センチと日本人選手にはない高さ、そしてパワーを兼ね備えておりリバウンド王にも輝いた。

また、惜しくもファイナルで栃木に敗れた川崎ブレイブサンダースにも、レギュラーシーズンMVP、得点王を獲得したニック・ファジーカス選手という外国人選手が存在した。このように外国人選手の活躍が上位進出の鍵となることはまちがいないだろう。
今シーズン開幕前に優勝を逃した各チームは、B1王者を目指すために外国人選手の補強を行っている。その新外国人選手を取り上げてみたい。

東地区:アルバルク東京は3人の補強!

王者・栃木ブレックスは日本未経験となる新外国人選手の補強は行わなかった。日本でプレー経験のある選手を加える堅実な編成だ。その他の5チームは新外国人選手をそれぞれ補強している。

なかでもアルバルク東京は3人もの新外国人選手を補強している。センターのアレックス・カーク選手は、ニューメキシコ大学時代の2013年にはユニバーシアードアメリカ代表経験もある。211センチの長身を生かしたプレーでコートを支配したいところ。
また、ジャワッド・ウィリアムズ選手はかつてレラカムイ北海道(現・レバンガ北海道)でプレー後、NBAでプレーするなど経験豊富。34歳とベテランだがまだまだやれるところを見せつけてもらいたい。カンザス大学から加入したランデン・ルーカス選手もアメリカ代表経験(2015年ユニバーシアード)がある。小学生時代に日本で過ごしていたこともあり環境への適応も早そうだ。

サンロッカーズ渋谷の新外国人選手・ブランデン・ドーソン選手も元NBAプレーヤーだ。イスラエルリーグから得点力アップを期待され新加入。
ジョシュ・ハレルソン選手、ロバート・サクレ選手もNBA経験者となっており、これでチームの外国人選手3人が全員NBA経験者となった。
川崎ブレイブサンダースに加入したジジュフ・バンバ選手は4年連続関東大学選手権得点王に輝くなどの実績を誇る。

【2017年ー18年シーズン新外国人選手】
セドリック・ボーズマン選手(栃木ブレックス)※福島より移籍
アンドリュー・ネイミック選手(栃木ブレックス)※A東京より移籍
ランデン・ルーカス選手(アルバルク東京)
ジャワッド・ウィリアムズ選手(アルバルク東京)
アレックス・カーク選手(アルバルク東京)
ジュフ・バンバ選手(川崎ブレイブサンダース)
ジョシュ・デービス選手(川崎ブレイブサンダース)※島根より移籍
トニー・ガフニー選手(千葉ジェッツ)
ギャビン・エドワーズ選手(千葉ジェッツ)※三河より移籍
ブランデン・ドーソン選手(サンロッカーズ渋谷)
ジョシュ・ハレルソン選手(サンロッカーズ渋谷)※大阪より移籍
グレゴリー・ウィッティントン選手(レバンガ北海道)
マーク・トラソリーニ選手(レバンガ北海道)

初代王者である栃木ブレックスに対応するべく、各チームが外国人選手を補強している。なかでも3人の補強を行ったアルバルク東京に注目したい。

おすすめの記事