「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本人選手だけでウインターカップ優勝を狙う!北陸学院の注目ポイント

2017 10/13 10:05Mimu
バスケ
このエントリーをはてなブックマークに追加

インターハイではまさかの2回戦敗退

2016年ウインターカップで3位という成績を収めた北陸学院。しかし、2017年のインターハイでは2回戦敗退となってしまい、なんとも不完全燃焼に終わってしまった。さらに敗れた相手は土浦日大。

昨年のウインターカップ準々決勝で対戦し、勝利した高校なのだが、この夏はリベンジをはたされてしまった。しかも、第4Qの残り1秒を切ったところからブザービーターを決められるという、かなり悔しい幕切れとなっている。だからこそ、2017年のウインターカップでは何が何でも結果を残したいところだ。

まだ創部5年ながらウインターカップ優勝を狙う

北陸学院バスケ部は、創部されて5年の若いチームだ。石川県内では唯一のミッション系の高校で、2004年までは女子高であった。そのため、まだ男子のクラブ活動が整備されておらず、バスケ部の創部も最近になったのである。

だが実績の方はかなり順調だ。2014年に創部2年目で初めてウインターカップに出場。中学時代は全国制覇の経験もあるという大倉龍之介選手や酒井達晶選手、ポイントゲッターの古村健一選手らが中心となり、一気に全国の舞台まで駆け上がってきた。
この年は初戦で山形南高校に敗退してしまったものの、チームとして大きな一歩を踏み出している。

翌2015年には、大倉龍之介選手の弟である大倉颯太選手が入学。兄と同じく中学時代に全国制覇を経験しており、輝かしい実績をひっさげて、高校バスケ界に乗り込んできた。早々にレギュラーを獲得すると、同年インターハイ・ウインターカップで兄弟そろって活躍。
インターハイでは同校の全国初勝利を東洋大京北からマークすると、続くウインターカップでも1勝を挙げ、大きな自信につなげた。

1年生から活躍する大倉颯太選手に注目

そして颯太選手が2年生となった昨年には、インターハイベスト8・国体準優勝・ウインターカップ3位と大きく躍進している。今年のウインターカップでも、注目度No.1選手だ。彼のプレースタイルを一言でいえば「オールラウンド」という表現になる。
だがそんな言葉では、到底彼のことを表現しきれないくらい、すべてのプレーのレベルが高い。6月にはナイキオールアジアキャンプのメンバーに選出され、世界を体感してきた。より経験を積んだ絶対的エースが、チームを優勝に導く。

人一倍まじめなキャプテンがチームを引っ張る

もう1人注目したいのは、キャプテンでセンターの小室悠太郎選手だ。191cmの大柄な体格を生かし、どんな相手でもがっしりとマークする。小学校まではラグビーをしており、バスケを始めたのは中学生の時からだ。外国人留学生選手でも当たり負けしない体の強さが魅力である。

大倉選手らに比べると経験で劣ってはいるが、素直な人柄と、練習で人一倍声を出してチームを引っ張る姿勢が評価されてキャプテンに選ばれたとのことだ。彼ならついていこうと思える選手なのだ(ちなみに学業の方でも優秀だそうだ)。
コート上では縁の下の力持ち的な存在になるだろうが、献身的にチームを支えるその姿にも注目していきたい。

今どき珍しく外国人留学生は0人!日本人選手だけで優勝を狙う

北陸学園には、外国人留学生選手がいないのも特徴だ。特にこの北信越地区では、外国人留学生を積極的に受け入れている高校も多いのだが、北陸学園では日本人の選手たちだけで勝ち進んでいる。
これは、昨年のウインターカップでベスト4に入ったチームの中でも唯一だ。ミッション系の高校なので、普段は国際交流も盛んなのだが、バスケットボール部の留学生はまだ受け入れていない。

決して外国人留学生に否定的というわけではないが、日本人選手だけでベスト4入りを果たしたことを選手たちは大きな自信にしている。
彼らの戦いっぷりは、今後ほかの高校にとっても大いに参考になることだろう。そういった意味でも、注目していきたい高校である。

関連記事

おすすめの記事