「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

冬の高校バスケの大会、ウインターカップの見どころとは?

2017 10/13 10:05Mimu
バスケ
このエントリーをはてなブックマークに追加

高校バスケ大会の最高峰と位置付けられたウインターカップ

全国高等学校バスケットボール選手権大会、通称「ウインターカップ」は毎年12月に開催される。高校バスケには夏に行われるインターハイ(総体)や、県の選抜選手たちが出場する国体など、大きな大会が3つほどあるが、このウインターカップは3年生が出場可能な最後の大会となる。
この大会を持って3年生たちは引退してしまう為、各チームの集大成を見せる場でもある。野球でいえば夏の甲子園、サッカーでいえば冬の国立といったところだろうか。

2017年から変更となった点について

2017年からの変更点がいくつかがあるので、そちらも補足しておこう。
2016年までは、全国高等学校バスケットボール"選抜優勝大会"、通称JX-ENEOSウインターカップとして開催されてたが、2017年より選抜大会が廃止され、冬の大会を全国高等学校バスケットボール"選手権大会"として行うこととなった。
選手権大会はもともとインターハイに統合されていたのだが、そこから分離・独立する形で行われることとなる。

ウインターカップという名称は変わらず使用されるが、大会回数などは従来の選手権大会のものを引き継ぐ。2016年のウインターカップが第47回なので、本来なら今年は48回大会になるはずだったのだが、選手権大会の記録を踏襲して、第70回選手権大会として開催される。

おすすめの記事