「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

かつてウインターカップで行われたダンクコンテスト!その注目選手とは

2017 10/13 10:05Mimu
バスケ ダンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

2003年まで開催されたダンクコンテスト

高校バスケの大会の最高峰でもあるウインターカップ。メディアからの注目度が非常に高いこの大会では、かつてダンクコンテストや3Pコンテストなども行われていた時期もあった。
1989年の第20回大会から2003年の代34回大会まの期間、開会式が終わった直後に男子はダンク、女子は3Pシュートのコンテストが毎年行われていたのだ。
ちなみに参加者は大会側から指定されるのではなく、事前に参加を希望していた選手のみが参加することとなっていた。あくまで余興であるが、この大会でも名場面が多い。今回は男子のダンクコンテストに注目し、かつての名選手たちを紹介していこう。

高校時代からダンクの名手!大宮宏正

まず紹介するのは、現在も名古屋ダイヤモンドドルフィンズで活躍する大宮宏正選手だ。
以前からさまざまなチームに所属しており、JBLのリング栃木ブレックスやNBLリーグの熊本ヴォルターズ、bjリーグの琉球ゴールデンキングスに所属している際には、各リーグでダンクコンテストに出場していた経験もある。日本バスケ界きっての名ダンカーである。

そんな大宮選手は、学生時代から派手なダンクを決めていた。栃木県の作新高校3年生だった2001年に、ウインターカップのダンクコンテストに出場しているのだが、何とこの時、圧倒的な成績を残して優勝を果たしている。
当時のダンクダンクコンテストは2度の試技があり、それぞれ50点満点、合計100点満点で競うというルールの中、大宮選手の得点は何と99点。2位の藤澤紀幸選手(育英高校)が89点、3位の井上聡人選手(八王子高校、元東京ッサンレーブスなど)が88点なのだから、いかに圧倒的なのかが分かる。

大宮選手はその後専修大学へと進学し、インカレ優勝やユニバーシアード大会なども経験。その一方で、京王杯のダンクコンテストで優勝をはたしてる。いつの世代でも、ダンクでファンを魅了していた選手だ。

おすすめの記事