「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年ウインターカップ注目の外国人留学生選手

2017 10/13 10:05Mimu
バスケ
このエントリーをはてなブックマークに追加

留学生選手を要して2冠を達成した福岡第一

いまや、強豪チームには外国人留学生の存在が当たり前になってきた。200cmを超えることも珍しくなく、激しいプレーの多いバスケにおいては、圧倒的な存在感を誇る。
ただし、何名でも出場できるということはなく、登録上は2名まで、オンコートは1人までと規定されている。これはインターハイだろうとウインターカップだろうと同様である。

外国人留学生選手といえば、福岡第一が力を入れている。2003年頃から留学生を迎え入れ、一気にトップ校にまで上り詰めてきた。
2016年にも、テクニックのある蔡錦鈺選手(サイ・キンギョク 現:日本経済大学)、強いフィジカルを持つバム・アンゲイ・ジョナサン選手、タイプの違う2人の留学生を代わる代わる起用した。相手を上手く翻弄し、見事にインターハイ・ウインターカップの2冠を達成したのだ。

今年も主力として活躍するバムアンゲイ・ジョナサンに注目

2年生だったジョナサン選手は、2017年も主軸として活躍している。特に今年のウインターカップでは、絶対に優勝しなければならないという想いを持っていることだろう。
なぜなら、インターハイで3位という結果に終わってしまったからだ。前年の栄光から一転、自身が最上級生となった2017年のインターハイで準決勝敗退。この雪辱は、何としても晴らさなければならない。

身長は195cmと、外国人留学生選手としてはビックリするほど大きいわけではない。だが強いフィジカルを生かしたリバウンドは非常に強力だ。オフェンス面でも、松崎裕樹選手と共に軸となっている。この大会、注目度No.1の外国人留学生選手だろう。

おすすめの記事