「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

あの名選手たちも選ばれた!ウインターカップの歴代ベスト5

2017 10/13 10:05Mimu
バスケ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年は福岡第一を優勝に導いた双子の選手がベスト5に

2016年のウインターカップベスト5には、優勝した福岡第一から双子のガード、重冨周希・友希選手が選ばれた。2人ともそれほど高さはないが、スピード・テクニックに加えて、目で見なくてもお互いの位置が分かっているのではないかというほどの連携は見事だった。現在は2人とも専修大学でプレーしている。

双子でベスト5というと、竹内公輔・譲次選手を思い出す。2002年のウインターカップ、京都洛南高校を初の優勝に導いた2人だ。2人ともが200㎝を超える長身ながら、早さも上手さ持ち合わせており、攻守両面にわたって大活躍であった。その圧倒的な姿に、いつしか「ツインタワー」という名がついたほどだ。
同年代の選手には有望な選手が非常に多かったのだが、彼らが「竹内世代」と呼ばれていることからもわかる通り、当時から世代を代表する存在であった。現在は公輔選手がリンク栃木ブレックス、譲次選手はアルバルク東京で活躍している。

やはり高校時代から規格外!3年連続ベスト5を受賞した田臥勇太

やはり歴代のベスト5といえば、田臥勇太選手の話は欠かせないだろう。秋田の強豪・能代工業で1年生からスターターに選ばれ、史上初となる1年生から3年連続でベスト5に選出されている。能代工業と言えば、田臥選手が入学する前からウインターカップを14度も優勝している強豪中の強豪だ。そんな能代工業で、1年生からチームを引っ張ってきた。

特に3年生の時のウインターカップには、能代工業の高校9冠(インターハイ・国体・ウインターカップの3大大会を3年連続優勝)もかかっており、会場となった東京国立体育館に入場規制がかかったほどである。後に日本人選手初のNBA選手として、そして現在もリンク栃木ブレックス活躍している田臥選手であるが、高校時代から規格外の存在だったのだ。

おすすめの記事