「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ウインターカップの出場条件とは?実は都道府県によって予選方式が違う

2017 10/13 10:05Mimu
バスケ
このエントリーをはてなブックマークに追加

全国から50校が出場するウインターカップ

ウインターカップに出場することができるのは50校。各都道府県の代表校47校に、夏のインターハイ優勝校・準優勝校の2校、加えて開催地(東京)にはさらに1校分の出場枠が与えられるため、合計で50校になる。

しかし、各都道府県代表の決め方は少しややこしい。インターハイと同じく予選を行って代表を決めるのだが、実はこの予選の方式が、都道府県によって異なっているからだ。
県内のすべての高校が予選に出場する場合もあれば、インターハイ予選で上位に残ったチームのみでリーグ戦やトーナメントを行い、そこで成績上位を収めた高校がウインターカップの予選に出場することができるという場合もある。

インターハイ予選の上位しか出場できない都道府県もある

例えば東京なら、インターハイ予選でベスト8に残った学校のみでリーグ戦を行う形をとる。まずは2チームずつが試合を行い、勝利したチームは決勝リーグへ、敗退したチームは5~8位決定戦リーグへ進出する。
そして決勝リーグに進んだ4チームで総当たり戦を行い、1位と2位になったチームがウインターカップ出場権を得られるということだ。

東京は2校が代表になるため少し複雑だが、神奈川県のように代表が1チームの場合は、単純にインターハイ予選上位8チームだけのトーナメントで代表チームを決めるという県も多い。
上位校のみで予選を行う場合、出場できるチーム数も都道府県によってバラバラで、16チームだったり、32チームだったり、あるいはシードを利用して60チームほどで行う都道府県もある。

おすすめの記事