「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

決勝戦で因縁の対決!2017年女子バスケインターハイまとめ

2017 9/13 14:03Mimu
バスケ、女子バスケ、高校
このエントリーをはてなブックマークに追加

何度も顔を合わせてきた因縁の対決が決勝戦で

女子のインターハイ決勝は、愛知の桜花学園、そして岐阜県の岐阜女子という因縁の対決となった。この顔合わせは2015年大会から3年連続、いずれも桜花学園が勝利している。
この2校はインターハイ以外でもたびたび顔合わせしており、2015年のウィンターカップでは岐阜女子が勝利、2016年のウインターカップでは桜花学園が勝利と、実力はほぼ互角だ。ただ、インターハイに限っていえば、桜花学園は5連覇を含む44度の優勝経験がある。

しかし、新チームになってからはやや岐阜女子に分があるよう見える。ウィンターカップ以降東海新人大会、全関西バスケットボール大会、東海大会と3度の直接対決があり、すべて岐阜女子が勝利している。この良い流れが来ている中で行われたインターハイ決勝であった。

両チームに注目選手多し!

桜花学園の注目選手といえば、やはり山本麻衣選手・藤本愛瑚選手の2名だ。山本麻衣選手は、この名門チームで1年生からスターターに選ばれるほどの実力の持ち主。入学前から3連覇を達成していた強豪チームの中でも、ひときわ高い存在感を放つ。3年生担った今、チームの司令塔は彼女以外に考えられない。

そしてもう1人のキーマンである藤本愛瑚選手は、父親に元プロ野球選手の藤本俊彦さん、母に元バレー日本代表の藤本美加さん(旧姓:山内)を持つスポーツサラブレッドだ。お姉さんの藤本愛妃さんも、大学でU-19日本代表候補に選ばれている。徹底的に基礎をたたき込まれ、あらゆるシュートを高い確率で決めることができる選手だ。この2人が、桜花学園の攻撃の中心となる。

一方で岐阜女子の注目選手は、セネガルからの留学生、バイ・クンバ・ディヤサン選手だ。身長190cmの体格がありながら、スピードもテクニックも持ち合わせている。どこからでもシュートを打つことができるし、リバウンドにも強い。キャプテンでSFを務める石坂ひなた選手いわく、彼女がゴール下にいれば絶対にリバウンドで勝てるという安心感があるため、攻めの3Pシュートが打てているそうだ。身長以上に大きな存在感を放つ選手である。

おすすめの記事