「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

熱戦に次ぐ熱戦!2017年男子バスケインターハイまとめ

2017 9/13 14:03Mimu
バスケ
このエントリーをはてなブックマークに追加

歴史に残る熱戦となった準決勝・帝京長岡戦

1回戦の実践学園、2回戦の長崎西、3回戦の東山高校、準々決勝の中部第一高校との試合も見事であったが、やはり福岡大大濠の底力を見せてもらったのは、準決勝の帝京長岡高校(新潟)との試合だろう。延長に次ぐ延長を制して、決勝へ進出を決めた試合だ。

試合は序盤から膠着状態であった。第1Qは18-15で帝京長岡がリード、第2Qは12-12で同点、3Qも13-14。そのまま、帝京長岡が2点リードで第4Qへ……と思われたその瞬間だった。福岡大大濠の横地聖真選手がブザーとほぼ同時に3Pシュートを決めて13-17。43-44と逆に1点リードで第4Qへと向かった。

第4Qで決着がつかず、試合は延長戦へ

第4Q、やはり流れは福岡大大濠だ。まずは横地選手のシュートで主導権を握ると、さらに帝京長岡のミスも絡んで立て続けに得点し、一時は43-58と15点差をつけた。だが残り5分ごろから流れが変わり始める。帝京長岡の佐野翔太選手が3Pシュートを決めると、ここから数分間に起きたチャンスをことごとくものにしていった。

フリースロー、リバウンド、スティール、ほとんどのプレーが上手く決まる。福岡大大濠もフリースローを2本決めて60点に到達するも、残り34秒に池田大雅選手のシュートで59-60と1点差に。残り15秒、祝俊成選手がフリースローを2本獲得。1本目は外したものの2本目をキッチリと決め、とうとう同点に追いついた。そして試合は延長戦、オーバータイムへと突入する。

おすすめの記事