「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケットボールの背番号15のイメージとは?

2017 9/13 14:03Mimu
バスケ、バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

高校バスケの背番号15とは?マンガではスリーポイントの名手が着用

2017年より高校バスケでも背番号が自由化しているが、以前は背番号にも規定があり、ベンチ入りメンバーの背番号は4からの連番でなければならなかった。そしてインターハイ本選ではベンチ入りメンバーは12人。そのため、この背番号15がベンチ入りメンバー最大の番号だったのだ。

ウインターカップでは15人までベンチ入りできるため、背番号も最大で18番までである。またインターハイでも、都道府県によっては予選で15人までベンチ入りできる場合もある。だがそれだけに、今までは16番や17番でベンチ入りしていたのに、インターハイ本選ではメンバーから外れてしまう十分に考えられのだ。思っている以上に、シビアな番号である。

だが、もっと違った見方をすることもできる。学校によっては、期待の下級生にこういった最大の番号を与えることも多い。つまりこの背番号15をつけた選手が、今後のチームを担う選手になる可能性もあるのだ。そう考えると、もっと注目していきたくなる番号だ。

NBAでは圧倒的なダンクを持つあの名選手がつけた番号

だがNBAでは、この番号をつけた圧倒的なスター選手がいる。その選手とは、ヴィンス・カーター選手だ。NBA史上、優れたダンク技術をもった選手である。このヴィンス・カーター選手のすごさを語るのであれば、やはり2000年のダンクコンテストが最も適切だろう。ダンクコンテストでは予選で3本、決勝で2本、合計で5回の試技を行い、それぞれ50点満点で得点がつけられる。予選では3本の内から得点の高かった2本の合計点を集計し、上位2名が決勝に上がることができるのだ。

まずは予選第1投目、反時計回りに360度回転しながらのダンクを決める。踏み切る瞬間は完全に背中をゴールに向けていたものの、そのまま空中で回転し、そのままダンク。時計回りの360度回転ダンクは過去の選手によって何度も披露されていたが、逆回転でのダンクはカーター選手が初だ。いきなりの慎技に、場内も騒然であった。得点は50点満点。続く2投目はゴールの後ろから走り込み、そのまま振り向きざまにジャンプしてのダンク。こちらも見事に決まり、49点を獲得した。

おすすめの記事