「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケットボールにおける背番号12のイメージとは?

2017 8/25 10:07Mimu
バスケ
このエントリーをはてなブックマークに追加

背番号12は名ポイントガードがつけていた番号!?

バスケットで背番号12といっても、すぐに背番号12の選手がもつ役割をイメージすることができる人は少ないかと思う。中学や高校のバスケでは、ベンチ入りはしているものの、レギュラーで出場する選手の番号というイメージはない。かといって、特定のプレーを得意とする選手がつける番号というイメージもない。他の番号に比べて、確固たるイメージを持たない番号なのだ。
だが、NBAでは話は別だ。あの史上最高のポイントガードのつけた番号として、広く知られている。その選手とは、ジョン・スタックトン氏だ。詳しく紹介していこう。

正統派ポイントガードと呼ばれたジョン・ストックトン

ジョン・ストックトン氏は、背番号12を背負い、NBAのユタ・ジャズ一筋で19年間プレーした選手だ。パスやスティール技術に優れ、「正統派ポイントガード」と呼ばれていたほどである。NBAを代表するポイントガードといえばマジック・ジョンソン氏やアイザイア・トーマス氏がおなじみだ。

ジョンソン氏は巧みなパスワークを持っており、非常に高いアシスト力を持っていた選手である。だが比較的小柄な選手が務める風潮のあったポイントガードにおいて、206cmとかなりの高身長であったのも特徴だ。一方でトーマス氏も185㎝とやや小柄でアシスト能力に優れた選手であったが、スリーポイントや攻撃的なプレーも得意としており、フォワード的な一面も持っていた。

彼らと比べると、ストックトン氏は本当にイメージ通りのポイントガードだ。185㎝と小柄な体格に、広い視野を持ち、正確無比なパスが最大の武器。自身は派手なプレーを好まず、味方を活かしながらゲームメイクをしていく、ポイントガードのイメージをそのまま体現したような選手だったのだ。まさに「正統派ポイントガード」である。

おすすめの記事