「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケットボールで背番号9はレジェンドの番号

2017 8/25 10:07Mimu
バスケ
このエントリーをはてなブックマークに追加

学生バスケではあまりイメージが良くない?

中学や高校のバスケで背番号9というと、これといった明確なイメージがあるわけではない。ポジション・選手のタイプ・学年、どこを見ても、背番号9をつける選手の確固たる共通点が見つからないのだ。特に近年はバスケの戦略もどんどん多様化し、ポジションもかなり流動的になってきた。2017年からは高校バスケの背番号も自由化になっている。ますます、高校バスケにおける背番号9のイメージを探すのが難しくなってきた。
しかし、日本のバスケリーグにおいては、背番号9はあのレジェンドがつけている番号として知られている。折茂武彦選手、46歳にしてまだ現役を続けている選手だ。

選手とオーナーの2足のわらじを履くレジェンド

折茂選手は1970年生まれで、2017年現在47歳の大ベテラン選手である。もちろんBリーグでは最年長選手だ。それでいて、レバンガ北海道のを創設したオーナーでもある。Bリーグどころか世界でも珍しい、選手とオーナーの2足のわらじを履きながら活動している人物だ。
大学卒業後の1993年にトヨタ自動車へ入団。日本一とも言われる正確なスリーポイントを武器に、日本屈指のシューティングガードとして活躍してきた。当時から日本代表に選出されることも多く、徐々にその名が知られていく。トヨタ自動車で14年間活動した後、2007年からはJBLのレラカムイ北海道へと移籍。念願だったプロバスケ選手なることができた。この当時ですでに37歳というベテラン選手であったが、衰えを知らないスリーポイントを武器に、チームの勝利に貢献していく。

おすすめの記事