「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケットボールの背番号7はエース番号?あの名選手も着用

2017 8/25 10:07Mimu
バスケ
このエントリーをはてなブックマークに追加

学生バスケで背番号7はエース番号

高校バスケで背番号7といえば、エース的存在であることが多い。相手コートにガンガン攻め込んでいき、豪快にシュートを決めるような選手。まさにバスケの花形のような選手だ。ポジションでいえばスモールフォワードの選手が多い。
スラムダンクでいえば、宮城リョータがこの番号をつけている。彼もスピード感のあふれるプレーが武器の選手で、相手のディフェンスを華麗に抜き去ってシュートという場面は何度も見られた。流川楓のような選手でも、背番号7はよく似合うだろう。

日本では五十嵐圭選手の番号というイメージが強い

背番号7をつけた代表的な選手としては、やはり五十嵐圭選手の名前が真っ先にあがる。現在は新潟アルビレックスBBに所属し背番号7をつけている。甘いルックスで抜群の人気を誇る五十嵐選手であるが、日立時代、三菱電機名古屋時代、そして日本代表でも背番号7を背負い、いつしかこの数字が彼の代名詞になった。
本人曰く、単なるラッキーナンバーのようなものらしいが、あまりにも7番のイメージが強すぎて、彼が7番以外をつけているところはあまり想像できなくなってきた(2009年にトヨタ自動車へ移籍した際は背番号1をつけていたが、翌年には三菱電機へ移籍して背番号7に戻しているため、背番号1時代はわずか1年で終わっている)。

おすすめの記事