「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケットボールで背番号5は副キャプテン?番号がもつイメージを紹介

2017 8/25 10:07Mimu
バスケ
このエントリーをはてなブックマークに追加

学生バスケでは背番号5は副キャプテンの番号

中学や高校のバスケにおいて、背番号5は副キャプテンの番号であることが多い。背番号4がキャプテン、背番号5が副キャプテンといった感じだ。
以前の学生バスケでは、1~3までの番号を使用することができず、さらに4から始まる連番(4~15or18)でなければならないという規定があったため、最も若い番号がキャプテン、その次に若い番号を副キャプテンとしているチームが多かったようだ。2017年より、高校バスケでは背番号が自由となったが、今までの規定通りの番号を選手たちが着け、キャプテン・副キャプテンは4・5番をという高校もいまだに多い。やはり昔からのイメージが根強く残っているのだろう。

人気バスケマンガでも名副キャプテンが背番号5を着用

ちなみにバスケ漫画を見てみると、スラムダンクでは湘北高校の5番はメガネが印象的な副キャプテン、木暮公延がつけていた。彼は三井寿の加入で中盤以降はスターターから外れてしまっていたが、いわゆるシックスマンとしてストーリーに欠かせない存在であった。
スタミナに不安のある三井や流川楓に変わって途中から試合に入ることも多く、試合展開やチーム状況を見ることに長けていた。桜木花道や流川楓と比べると派手なプレーは多くなかったし、キャプテンの赤木剛憲ほど目立つということも無いが、大事なところでは頼りになる副キャプテンの鑑ともいうべき存在であった。

おすすめの記事