「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

キャプテン用の番号?バスケットボールにおける背番号4とは

2017 8/25 10:07Mimu
バスケ
このエントリーをはてなブックマークに追加

学校の部活動ではキャプテン用の番号として扱われていることが多い

バスケットボールの背番号4番は、中学校や高校の部活動では、キャプテンがつけることが多い番号である。例えば、現在は栃木ブレックスに所属する田臥勇太選手は、能代工業3年生の時に背番号4をつけていた(現在の栃木ブレックスでは背番号0をつけている)。漫画でも、スラムダンクの主人公・桜木花道の所属する湘北高校のキャプテン・赤木剛憲がこの4番をつけていた。
しかし、なぜ4番がキャプテンの番号なのだろうか。チームを代表する選手がつける番号のわりには、やや中途半端な印象だ。だがこれにはキチンとした理由がある。実は以前までは高校バスケにおいて、1~3の番号を着用することは禁止されていた。審判が3秒バイオレーションを宣言するときに、指3本のハンドサインを使用するので、3番の選手がいるとややこしくなるからだ。そのため多くの大会では、1~3は使用禁止、加えて背番号は4から始まる連番でなければならないと規定されることが多くなり、その中でもっとも若い番号である4番が、いつしかキャプテンの番号として周知されるようになっていった。

必ずしも背番号4がキャプテンというわけでもない

2017年より高校バスケでも背番号が自由になり、2桁の番号なら何番でも使用可能となった。しかし、依然として背番号4からの連番を使っている高校は多く、「4番=キャプテンの番号」というイメージは未だ根強い。
ちなみに、背番号に関して規定されていた時期でも、必ずしもキャプテンが背番号4を着けなければならないという規定はなかった。基本的にはキャプテンが何番をつけていようと問題は無いのだ。学校によっては部活動などではユニフォームを代々受け継ぎながら使っていることも多く、サイズが合わないという理由でキャプテンが4番以外をつけることも十分に考えられる。キャプテンなのに4番をもらえなかったといって、落ち込む必要は無いということだ。

おすすめの記事