「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケットボールの試合では背番号1~3が使用禁止?その理由とは

2017 8/25 10:07Mimu
バスケ
このエントリーをはてなブックマークに追加

FIBA主催の国際試合や学生バスケの試合では1~3番が使えない

以前よりFIBA(国際バスケットボール連盟)主催の大会、および高校生以下の大会では、原則として1~3番の背番号の着用は禁止されていた。背番号といえば、その選手の代名詞的な存在でもあり、他のスポーツなら1や3は主力級の番号のはずだ。なぜそれほど華のある番号が、バスケでは禁止されていたのだろう。
これは、審判のジェスチャーなどで紛らわしくなることを防ぐための措置である。「3秒ルール」といって、ゴール付近のペイントエリアに、オフェンスチームが3秒以上いてはいけないというルールがある。長身の選手がこのエリアをずっと占領してしまうと、あまりにもオフェンスが有利だからだ。
そしてこのルールを選手が違反したとき、審判はバイオレーションを宣言する。その際のシグナルが、指を3本選手に向かって指し示すため、背番号が3番の選手が違反したのではないかとややこしくなってしまうという理由で、1~3の番号が禁止となった。

着用できる番号にも制限がある

また、1~3以外の番号なら自由に着用できるというわけではなく、4番からの連番を使用しなければならないという規則もあった。大会によってベンチ入りメンバーの人数に違いがあるが、15人までベンチ入りできる場合は4~18、12人までの時は4~15番をつけるということになる。
しかし、最近ではこのルールが廃止され、選手たちは自由な番号をつけることが可能となった。バスケの国際試合でも、高校の大会でも、さまざまな背番号をつけた選手たちがコートで活躍している。特に高校の場合、2017年度から背番号が自由化されたばかり。インターハイではまだ多くの高校が4~15番をつけていたが、ベスト4に残った福岡第一高校では、背番号0や1、50などをつけた選手たちがコート上でプレーしていた。
また、これらはNBAやBリーグなどでは適用されることはなく、0~99までの番号であれば、どれを着けても自由だ。ただしNBAでは「0と00を着用する選手は同時に在籍できない」や「56番以上の番号を使用するにはリーグの許可が必要」といったルールがあったりもする。こういったところに注目すると、あえて56番以上をつけている選手には、何かこだわりがあるのではないかという見方もできて面白い。

おすすめの記事