「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【バスケ上達への道】スタッターステップで攻守に頼れる選手へ!

2017 7/12 14:39sachi
トニー・パーカー選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Frederic Legrand - COMEO/Shutterstock.com

バスケットボールで攻守に有効とされるスタッターステップ。ボールを持っている時に相手のマークを剥がしたい、またはディフェンス時に相手のドリブルを停滞させたい場合に使えるテクニックだ。 この記事ではスタッターステップの仕組みや有効性、得意とする選手を紹介する。

スタッターステップの語源とテクニックの原理

スタッターステップはバスケットボールの基本動作として知られているが、その言葉の意味はご存知だろうか?スタッターを英語にすると「stutter」と表記され、これは「吃音」という意味だ。相手が困惑するような細かいステップからイメージされたネーミングで、他にハーキーステップ、フットファイヤーという呼び方もある。
攻撃時、ドリブルに対してマークについた相手に対し、スタッターステップを使うことで間合いを詰められにくくできる。大きなステップでは進行方向が読まれやすいのに対し、細かいステップを左右に散らせることで相手が的を絞りづらくなるという効果がある。
反対に、ディフェンス時はドリブルで進む相手に対しスタッターステップでマークすることで、進行方向を掴めなくさせたりドリブルを停滞させたりする効果がある。

リズムの変化は相手との駆け引きに最も重要なポイント

スタッターステップはヘジテーションの一種という見方もできる。ヘジテーションはドリブルのスピードを変えることで相手を惑わせるテクニックだが、スタッターステップは歩幅やステップスピードで相手の動きを封じ込めるテクニックだ。つまり、どちらもリズムの変化を重要視している。
ディフェンスが寄せてきた時、ドリブルや歩調のリズムを変えると相手はそれに対応する必要が生じる。その変化に対応する前の瞬間を狙ってスピードを上げドライブに持ち込む、または相手を外したところでシュートを狙うことができる。
相手が次の動作を予測できないようなリズムの変化、左右に幅を持たせた素早いステップ、そして相手との間合い。この3つが揃うことで相手との駆け引きが俄然有利になっていく。

おすすめの記事