「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

簡単なようで難しい。バスケのロッカーモーション解説

2017 7/12 14:39sachi
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Evgenii Matrosov/Shutterstock.com

バスケットボールにはロッキングチェアを語源とした「ロッカーモーション」というテクニックがある。相手マーカーが思わず動きを止めてしまうこの技は、ドライブでゴール下へ持ち込むのに有効だ。この記事ではロッカーモーションの動きや難易度、そして代表的なNBA選手を紹介する。

走る、止める、走る!ロッカーモーションの概要について

ドリブルで進んでいると、相手マーカーが横からディフェンスにつく場面がある。その時、普通にドリブルを続けていてはマーカーに手を出されてボールを失ってしまう。しかしマーカーを振り切ることができれば、そのままドライブしてシュートに持ち込める可能性が高まる。
ロッカーモーションはこういった場面で威力を発揮するテクニックだ。ドリブルを急にキャンセルしたように見せかけてマーカーの動きを止め、その瞬間急激にドライブを仕掛けることで振り切る。技術としてはそれほど難しいわけではないが、相手の動きをよく観察できれば大きな効果が得られる。

相手を惑わせるコツはステップと上半身の動き

ロッカーモーションはそれほど難易度が高いテクニックではないため、バスケットボールの上級者でなくてもある程度はマスターできる。しかし、取り組みやすい技だからこそ相手ディフェンスにも読まれやすく、ドリブルを止めてまた動き出すというモーションをただ行っていても相手を振り切ることはできない。
相手に読まれづらいロッカーモーションのコツは、ステップの変化と上半身の動きにある。前進しながらのドリブルでマーカーが横についた時、ドリブルをキャンセルしたと思わせるように小さいバックステップを取り入れると、相手の動きをより止めやすくなる。
また、その時に上半身を起こすことで相手はプルアップを警戒して重心を高くすることがある。その瞬間を見逃さず、再度前傾しながら一気にドライブで抜き去る。

おすすめの記事