「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケでレッグスルーを華麗に決めるコツや得意な選手を紹介

2017 7/12 14:39m-wataru
レッグスルー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Pavel Shchegolev / Shutterstock.com

バスケのドリブル技術の一つにレッグスルーがある。股下にボールを通してドルブルをすることができれば、スティールを防ぐ効果があり、なおかつプレーが華やかになる。 今回はレッグスルーのコツや試合中によく使用する選手を紹介する。

レッグスルーの難易度は?

レッグスルーは片方の足を前方に出し、残った足が後ろにある状態で股下にボールを通すドリブルだ。ボールを持っている手が自然に入れ替わることからディフェンダーを抜く際の切り返しや、ドリブルのリズムを変えるために使用されることが多い。
レッグスルーはバスケの中でも基本の技の一つである。慣れるまでは難しいかもしれないが、自然にドリブルに組み込めるようになれば、オフェンス時に有効なテクニックになる。

レッグスルーを綺麗に決めるコツは?

ドリブルを覚えたての頃は、レッグスルーは難しいかもしれない。基本的にはボールを見ずに両手でドリブルができるようになれば、レッグスルーの練習に進んで良いだろう。
レッグスルーのコツは、足にボールが当たらないように姿勢を低く保ち、片方の足を大きく前に踏み出すことだ。低い位置でボールを離し、逆の手でも低い位置で受け取るようにすると安定する。慣れてきたら、ディフェンダーを意識してボールに視線を移さないように心がけよう。

おすすめの記事