「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケでディフェンスを抜き去るクロスオーバーの得意な選手

2017 7/12 14:39m-wataru
クロスオーバー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Pavel Shchegolev / Shutterstock.com

ドリブルの得意な選手が、相手ディフェンダーを抜き去る時に使用することの多いクロスオーバー。左右の素早い揺さぶりが重要で、華麗に相手をかわすことができればシュートチャンスも増える。今回は、クロスオーバーの得意な選手やコツを紹介する。

クロスオーバーとは?

クロスオーバーとは、ボールを保持しているオフェンスプレーヤーが左右の動きでディフェンダーを振り切るドリブル技術のことだ。ボールを素早く左右に入れ替えることで、ディフェンダーの動きを誘導し、逆方向からかわしにいく。
クロスオーバーを成功させるためには、俊敏な動きとハンドリング技術、また相手ディフェンダーの動きを察知する状況判断能力などが求められる。クロスオーバー自体はポピュラーな技だが、そのキレや技術を磨いていくことで、プロ選手でも止めることのできない強力な武器にすることができる。

クロスオーバーのコツは?

クロスオーバーのコツは、フェイントの動きでディフェンダーを動かすことだ。例えば、左から抜きに行く場合、ディフェンダーには右から抜きに行くと本気で思わせなくてはいけない。そのためにボールを大きく右に振る必要がある。その動きにディフェンダーが反応したところで素早く逆サイドにボールを入れ替えていく。
上体を大きく左右に振るのではなく、相手の動きをよく見ながらボールの動きでディフェンダーを揺さぶるようにすると、切り返しがスムーズにできるだろう。

キレのあるクロスオーバーを最大の武器にしたアレン・アイバーソン選手

身長183cmとNBA選手の中では小柄な体格にも関わらず、その俊敏な動きで現役時代には4度の得点王に輝いたアイバーソン選手。彼の一番の武器は、キラークロスオーバーとも呼ばれる高速での左右の切り返しだ。
身長の低さを逆手に取った低い位置でのドリブルと、ディフェンダーを振り切るまでに何度も繰り返される左右のフェイントは、クロスオーバーというドリブル技術を彼にしかできない最高の武器にまで昇華させた。身長に対して腕のリーチが長いこともクロスオーバーをするには適していたと言える。

マイアミ・ヒートのスコアラーとして活躍したドウェイン・ウェイド選手

ウェイド選手は2003年から2016年までマイアミ・ヒートに在籍し、チームをNBAチャンピオンに導く活躍を見せた。攻撃的なガードとして高い得点能力を有しており、2008年シーズンには得点王にも輝いている。
身体能力の高さと強靭な肉体、また俊敏性を兼ね備えており、シュートに持ち込むまでの素早いクロスオーバーは彼の代名詞でもある。その素早い切り返しに相手ディフェンダーはついていくことができず、彼に得点を許してしまうのだ。

変幻自在の動きで翻弄するアルゼンチンの英雄マヌ・ジノビリ選手

2002年シーズンからサンアントニオ・スパーズでプレーしているジノビリ(本名:エマニュエル・ダヴィド・ジノビリ・マッカリ)選手。彼の武器は変幻自在のプレースタイルにあると言われており、予測を裏切る多彩な攻撃パターンは敵ディフェンダーの脅威となっている。
そんなジノビリ選手は、NBA選手の中でも珍しいことだが片手のドリブルでクロスオーバーを行うことがある。試合中に片手でボールを左右に動かしフェイントをかけるという高度なテクニックからも、ジノビリ選手のドリブル技術の高さを知ることができる。

まとめ

クロスオーバーの得意な選手とコツを紹介した。クロスオーバーでディフェンダーを抜き去ることができれば、それだけで敵チームの脅威になる。ドリブル技術に磨きをかけたい選手は是非、有名選手のプレーを参考にしながら練習を重ねよう。

関連記事

おすすめの記事