「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケでディフェンスを抜き去るクロスオーバーの得意な選手

2017 7/12 14:39m-wataru
クロスオーバー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Pavel Shchegolev / Shutterstock.com

ドリブルの得意な選手が、相手ディフェンダーを抜き去る時に使用することの多いクロスオーバー。左右の素早い揺さぶりが重要で、華麗に相手をかわすことができればシュートチャンスも増える。今回は、クロスオーバーの得意な選手やコツを紹介する。

クロスオーバーとは?

クロスオーバーとは、ボールを保持しているオフェンスプレーヤーが左右の動きでディフェンダーを振り切るドリブル技術のことだ。ボールを素早く左右に入れ替えることで、ディフェンダーの動きを誘導し、逆方向からかわしにいく。
クロスオーバーを成功させるためには、俊敏な動きとハンドリング技術、また相手ディフェンダーの動きを察知する状況判断能力などが求められる。クロスオーバー自体はポピュラーな技だが、そのキレや技術を磨いていくことで、プロ選手でも止めることのできない強力な武器にすることができる。

クロスオーバーのコツは?

クロスオーバーのコツは、フェイントの動きでディフェンダーを動かすことだ。例えば、左から抜きに行く場合、ディフェンダーには右から抜きに行くと本気で思わせなくてはいけない。そのためにボールを大きく右に振る必要がある。その動きにディフェンダーが反応したところで素早く逆サイドにボールを入れ替えていく。
上体を大きく左右に振るのではなく、相手の動きをよく見ながらボールの動きでディフェンダーを揺さぶるようにすると、切り返しがスムーズにできるだろう。

おすすめの記事