「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

4点分の価値。バスケでリバウンドが得意な選手を紹介

2017 7/12 14:39m-wataru
リバウンド
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Aspen Photo / Shutterstock.com

バスケットボールの中でリバウンドの技術は非常に重要だ。リバウンドを制することで試合の流れを優位に運ぶことができる。今回は、リバウンドのコツや得意な選手を紹介する。

バスケにおけるリバウンドとは?

リバウンドとは、放たれたボールがゴールリングに入らなかった場合に、そのボールを獲得することだ。自身で掴み取ることもあれば、味方選手の手に渡るようにボールをはじく場合もある。
バスケットボールでは一回のリバウンドが4点分の働きをすると言われることがある。これはディフェンスリバウンドに対して言われることで、相手の得点を防ぎながら自チームの得点の機会を増やすことができるため、非常に重要なプレーなのだ。

リバウンドのコツや難易度

リバウンドは大きくディフェンスリバウンドとオフェンスリバウンドに分けることができる。また、片手でボールを掴むか、両手でボールを掴むかという技術的な分類も存在するが、最高点でボールに触ることができるのは、ワンハンドでのリバウンドだ。
リバウンドは非常にポピュラーなプレーだが、確実に決めようとすれば高度な技術が必要とされる。いつくかのコツがあるが、その1つに敵選手に対してのポジション取りを挙げることができる。シュートコースなどを予測しながらボール獲得に有利なポジションを確保することができれば、リバウンドの成功率は格段に上がるだろう。

おすすめの記事