「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ポストプレイに必須のターンアラウンドのコツとお手本のバスケ選手3選

2017 7/12 14:39吉田 和喜
コービー・ブライアント
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by s_bukley / Shutterstock.com

ゴール下での、ディフェンスを背にしてからのターンアラウンド。センターが習得しておくと、ポストプレイでの選択肢を増やすことができる。速く正確に決めるコツとターンアラウンドを駆使して得点を多く決めたバスケ選手を紹介する。

頼れるセンターに必須なターンアラウンドとは

ターンアラウンドとは、ゴール下において、ディフェンス・ゴールを背にした状態から軸足を中心にターンし、一気にゴールに正対するムーブだ。センターやフォワードの選手が使うことが多いテクニックで、実際にターンアラウンドからそのままシュートまで持っていく場合が多い。
ターンアラウンドに入るまでにも顔や目線、反対方向へのピボットでのフェイクを入れることで、シュートの成功率を上げることができる。ポストプレイから得点が決められることで、得点をレパートリーを増やし、チームの得点力を向上させることができる。

ひたすら基礎技術が必要になるターンアラウンド上達のコツ

基本的に、ターンアラウンドに求められるテクニックは、ピボットとターンの2種類だ。だが、それを相手ディフェンスを背負った状態で成功させるには、高い基礎技術が求められる。練習ではディフェンスをおいて、フェイクをいれたらディフェンスがどのように動くのかよく確認しよう。
またターンアラウンドはジャンプシュートとセットの技術だ。高速で動いてからのジャンプシュートは決して簡単ではない。地味だが下半身をよくトレーニングして安定感を高め、ターンアラウンドからのジャンプシュート成功率を上げるようにしよう。

おすすめの記事