「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ポストプレイに必須のターンアラウンドのコツとお手本のバスケ選手3選

2017 7/12 14:39吉田 和喜
コービー・ブライアント
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by s_bukley / Shutterstock.com

ゴール下での、ディフェンスを背にしてからのターンアラウンド。センターが習得しておくと、ポストプレイでの選択肢を増やすことができる。速く正確に決めるコツとターンアラウンドを駆使して得点を多く決めたバスケ選手を紹介する。

頼れるセンターに必須なターンアラウンドとは

ターンアラウンドとは、ゴール下において、ディフェンス・ゴールを背にした状態から軸足を中心にターンし、一気にゴールに正対するムーブだ。センターやフォワードの選手が使うことが多いテクニックで、実際にターンアラウンドからそのままシュートまで持っていく場合が多い。
ターンアラウンドに入るまでにも顔や目線、反対方向へのピボットでのフェイクを入れることで、シュートの成功率を上げることができる。ポストプレイから得点が決められることで、得点をレパートリーを増やし、チームの得点力を向上させることができる。

ひたすら基礎技術が必要になるターンアラウンド上達のコツ

基本的に、ターンアラウンドに求められるテクニックは、ピボットとターンの2種類だ。だが、それを相手ディフェンスを背負った状態で成功させるには、高い基礎技術が求められる。練習ではディフェンスをおいて、フェイクをいれたらディフェンスがどのように動くのかよく確認しよう。
またターンアラウンドはジャンプシュートとセットの技術だ。高速で動いてからのジャンプシュートは決して簡単ではない。地味だが下半身をよくトレーニングして安定感を高め、ターンアラウンドからのジャンプシュート成功率を上げるようにしよう。

バスケの神様マイケル・ジョーダン選手のターンアラウンド

ターンアラウンドと聞いて多くのNBAファンが思い浮かべるのが、バスケの神様マイケル・ジョーダン選手だ。オールラウンダーとして全てのプレーが驚異的だったが、中でも試合中に何度もでてくるターンアラウンドしてからのフェイドアウェイシュートはマイケル・ジョーダン選手の代表的なプレーだ。
ディフェンスも慌ててブロックに跳ぶが、ほとんどブロックにつかまることはなかった。ターンアラウンドからのシュートがあまりに速く、効果的に決まるので、多くのバスケット選手がプレーを真似しようと練習した。

史上最高センター アキーム・オラジュワン選手のドリームシェイク

NBA史上最高のセンターと言われるアキーム・オラジュワン選手。身長213cmの体格からは考えられない俊敏な動きと技術で、多くのファンを魅了した。
ターンアラウンドを含めた多くのムーブを武器に攻めることから、アキーム・オラジュワン選手の動きは、相手ディフェンスにとってまるで夢を見ているかのようだと、”ドリームシェイク”と呼ばれた。シュート技術も高く、ドリームシェイクでディフェンスをかわしてからも、フェイドアウェイ、フックシュートと高度なシュートを使い分けて得点を重ねた。

アキーム・オラジュワン選手から学んだコービー・ブライアント選手

その圧倒的なアキーム・オラジュワン選手の下には多くのNBA選手が弟子入りした。その中にはマイケル・ジョーダン選手ともよく比較されるコービー・ブライアント選手がいる。
コービー・ブライアント選手といえば、どこからでも決める圧倒的な得点力が魅力だが、アキーム・オラジュワン選手の教えを活かしたセンター顔負けのポストプレイも見せてくれた。そしてターンアラウンド後の引き出しも多く、スクープショットやフックシュート、マイケル・ジョーダン選手さながらのフェイドアウェイシュートなどディフェンスにとっては非常に守りにくい選手だった。

まとめ

ゴール下でのポストプレイに必要なターンアラウンド。シュートまで持っていく技術を培えば、チームの攻撃力を一気に向上させることができる。地味な練習が求められるが、下半身を強化してゴール下で頼れる存在になろう。

関連記事

おすすめの記事