「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ペイントエリアに強いユーロステップのコツと上手なバスケ選手3選

2017 7/12 14:39吉田 和喜
マヌ・ジノビリ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by CP DC Press / Shutterstock.com

ディフェンスを前にペイントエリアでシュートまで持っていくために効果的なユーロステップ。試合でも使えるようになるためのコツと、ユーロステップを活用して得点を多く決めるNBA選手3人を紹介する。

ユーロステップとは

ユーロステップはツーステップとも呼ばれ、ディフェンス前で横切るように1、2ステップでジグザグに動くテクニックだ。主にペイントエリア内に向かってドライブで切り込んでいき、前に出てくるディフェンスをかわしてシュートまで持っていくために使われる。
高いブロックを持つディフェンスに対して効果的で、ゴール前でのFG率を向上させたり、シュートの引き出しを増やすことができる。日本であまり使われないステップなので、練習して習得すれば強力な武器になる。

試合で実践するためのユーロステップ練習法

ユーロステップの練習では、まずディフェンスを付けずにゆっくりと1ステップ目を大きな動きで右に踏み、2ステップ目で横方向にむけて大きく左足を踏む感覚を身に着けよう。慣れてきたらディフェンスを置いて、同じ動きでディフェンスをかわしながらシュートまで持っていくように練習する。
徐々にスピードを上げて、ディフェンスの動きを感じながらユーロステップを使うか、そのままレイアップシュートするかの判断を瞬時にできるようにしよう。

おすすめの記事