「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケの基本!ジャンプシュートを極めた選手達

2017 7/12 14:39吉田 和喜
ステファン・カリー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Machalski / Shutterstock.com

バスケットの基本中の基本ともいえるジャンプシュート。ここでは、ジャンプシュート上達のコツと、基本の技術を極めることで絶対の武器を手に入れた、バスケットボールの選手たちを紹介する。

バスケットの基本中の基本 ジャンプシュート

バスケットボールの基本中の基本ともいえるのがジャンプシュートだ。ポイントガードならパス、センターならリバウンドなどそれぞれポジションに応じて習得すべき技術も変わってくるが、ジャンプシュートはポジション関係なく全てのプレーヤーが覚えておきたい技術。
基本中の基本だからこそ、どれくらいの練習を行うかによって成功率も大きく変わってくる。試合中ではプレッシャーがかかった中でのプレーになるので、普段から試合をイメージして練習しておく事が重要だ。

ジャンプシュート上達のコツは全身の使い方にアリ!

ジャンプシュートがなかなか思うように入らないという方は、手の力だけで手打ちになっていることがよくある。上達のコツは全身の使い方だ。初心者が気をつけたいポイントは2つだ。
1つ目はジャンプの際の背中。背中が丸くなっていると下半身の力を上半身に上手に伝えることができない。しゃがんだ状態からジャンプするまで背中は姿勢良くまっすぐにする。
2つ目は肘だ。シュートの際に肘を開きすぎると、体幹の力が伝わらず手打ちになる。そこで肘を内側へ閉じて、ジャンプの反動を使ってボールを放つようにしよう。そうすると自然と安定したきれいな放物線でシュートが打てるようになる。

おすすめの記事