「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケ選手なら一度は夢見る華麗なダブルクラッチ

2017 7/12 14:39吉田 和喜
レブロン・ジェームズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by A.RICARDO / Shutterstock.com

人気マンガ『スラムダンク』で、流川楓の印象的なシーンで使われた技としても有名なダブルクラッチ。空中で相手をかわしてシュートを決める高等テクニックだ。ダブルクラッチを身につけるためのコツとNBAで華麗なダブルクラッチをみせる選手たちを紹介する。

バスケットの空中技”ダブルクラッチ”とは

ダブルクラッチとはレイアップシュートなど空中でのシュートの体勢から、ディフェンスを避けるために手を下げてからもう一度シュートを行う高等技術だ。
手を下げた時にボールを持ち替えて反対の手でシュートしたり、持ち手はそのままにディフェンスをかわしてシュートまでもっていく。上げた手を一度下げてもう一度上げてシュート、という全ての動作を空中で行う必要があり、高い滞空時間とボディバランスが求められる。NBAでも身体能力の高い選手が使う技術だ。

ダブルクラッチができるようになるには

ダブルクラッチは試合中に使うには難しい技術で、身体能力も求められる。成功させるためには2つのポイントがある。1つ目は最後のゴールのイメージを持つこと。空中でいくつもの動作を行うダブルクラッチはどうしても動きが慌ただしくなってしまう。最後のシュートのイメージが明確にないと、適当なシュートになってしまいがちなので、練習の段階から最後のシュートまでもっていく方法に注意する。
そして2つ目が手首のスナップ。体勢が崩れたところからのシュートなので手首のスナップの感覚が重要になる。ゴール前でジャンプしてスナップだけでシュートを打つ感覚を身に着けておこう。

おすすめの記事