「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

身体能力を活かしたフェイドアウェイで活躍したバスケ選手4選!

2017 7/12 14:39吉田 和喜
ダーク・ノヴィツキー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by vipflash / Shutterstock.com

高い身体能力が求められ、NBA選手の中でもスコアラーが多用するフェイドアウェイシュート。ディフェンスにとって非常に守りにくいシュートだが、歴代のNBA選手の中でもフェイドアウェイシュートを体得して活躍した選手を紹介する。

日本であまり見ないフェイドアウェイシュートとは

フェイドアウェイシュートとは直訳すると”消えていくシュート”。後方に下がりながらジャンプして相手ディフェンダーから離れるため、チェックを外し、ブロックされにくいメリットがある。
ディフェンスが非常に守りにくいフェイドアウェイシュートだが、デメリットとしては後方にジャンプすることで、ゴールまでの距離が長くなり、なおかつ後方へのジャンプでバランスが崩れるため高い身体能力とシュートセンスが求められる。
そのため日本ではあまり活用する選手がいないが、NBAでは有名な身体能力の高いスコアラーが体得している場合が多い。

「ワンレッグ・フェイドアウェイ」の使い手 ダーク・ノビツキー選手

ドイツ出身で欧州出身初のNBA最優秀選手にも選ばれたダラス・マーベリックスのダーク・ノビツキー選手が得意とするのが、ワンレッグ・フェイドアウェイという足を揃えずに放つ独特なフォームのフェイドアウェイシュートだ。抜群のシュートセンスの持ち主で2006年にはNBAスリーポイント・シュートアウトでも優勝している。
ゴール下での213cmの長身から繰り出されるフェイドアウェイシュートは脅威で、ファウルプレイで無理にブロックしても9割近いフリースロー成功率で確実に得点にする、ディフェンスにとっては非常に守りにくいパワーフォワードだ。

おすすめの記事