「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

個人で道を切り開くフロントチェンジを極めたバスケ選手3選!

2017 7/12 14:39吉田 和喜
アレン・アイバーソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by miqu77 / Shutterstock.com

ドリブルで相手を抜くための基本技術であるフロントチェンジ。これを高速で行ったり、緩急をつけたり、低く行うことで、相手を抜き去る武器になる。フロントチェンジを極めたバスケ選手たちを紹介する。

横方向への移動で基本になるフロントチェンジ

フロントチェンジはディフェンスを振り切ったり、マークを外したりするための技術だ。右に行くなら右手、左に行くなら左手へとドリブルする手を切り替える。フロントチェンジする際には、最初反対の方向へ大きく動くようなフェイントをかけることで相手のバランスを崩す。
スピードを落とさずに方向転換できるため、試合の中でもよく見かけるが、練習をよく積むことでディフェンスを置き去りにするようなプレーができる。

初心者のためのフロントチェンジ上達術!

フロントチェンジを効果的に使うには練習あるのみだ。一朝一夕では相手を抜き去るドリブルは手に入らない。練習の際には2つの事を意識する。
1つ目は、頭の位置。慣れていないとどうしてもボールを見てしまうが、NBAの試合を見てもわかるように、フロントチェンジの際は頭を上げることで、状況判断がしやすくなる。見なくても自然とフロントチェンジできるように練習が必要だ。
2つ目は姿勢を低く保つこと。相手の前をボールが通るフロントチェンジではドリブルが高いと、スティールされやすくなる。低い位置でボールを操れるハンドリングを身に着けよう。

おすすめの記事