「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ワシントン・ウィザーズが指名した、NBAドラフト歴代1位を紹介

2017 7/10 10:01イシカワヒロキ
ワシントン・ウィザーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by 360b/Shutterstock.com

1961年、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.に創設された「ワシントン・ウィザーズ」。これまでに「シカゴ・パッカーズ」「ワシントン・ブレッツ」など、さまざまなチーム名に変更しており、ユニークな歴史を持つチームといえます。今回は、そんなワシントン・ウィザーズのNBAドラフト選手をご紹介します。

プレーオフ進出に貢献 ジュワン・ハワード

1994~2001年にウィザーズで活躍していたのが、フォワードポジションのジュワン・ハワード選手です。
NBAドラフト5位でウィザーズに指名され入団すると、ルーキーシーズンから17.0得点、8.4リバウンド、2.5アシストを記録しました。
また、翌年には22.1得点、8.1リバウンド、4.4アシストという結果を残し、チームに大きく貢献しました。3年目の1996~1997年には、ワシントン・ウィザーズのプレーオフ進出を支えた選手の1人として知られています。

ウィザーズを代表するセンター クワミ・ブラウン

ウィザーズが2001年にNBAドラフト指名したのが、クワミ・ブラウン選手です。
ブラウン選手は史上初の高卒ドラフト1位で、当時ウィザーズの選手編成担当者であったマイケル・ジョーダン氏から指名された選手です。ポジションはセンターでしたが、ウィザーズ時代にはなかなか結果を出せませんでした。
移籍後の2008~2010年(デトロイト・ピストンズ時代)では高く評価されたため、ウィザーズからしてみれば非常に惜しい選手といえます。

おすすめの記事