「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

"熱きチーム"マイアミ・ヒートが誇る歴代1位クラスのNBAドラフト選手5名

2017 7/10 10:01イシカワヒロキ
アメリカンエアラインズアリーナ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Papa Bravo/Shutterstock.com

フロリダ州マイアミに本拠地を置くマイアミ・ヒート。1988年に創設された「ゴールを通り抜ける燃えるボール」のロゴのごとき熱いチームです。実はチーム名の「ヒート」には「マイアミは暑い」という意味もあります。今回はこのマイアミ・ヒートのNBAドラフト選手5名をご紹介します。

ヒートのガードといえばこの人 スティーブ・スミス

1991~1994年にヒートで活躍したのが、1991年NBAドラフト5位のスティーブ・スミス選手です。彼のポジションはポイントガード(PG)兼シューティングガード(SG)。「マジック・ジョンソン2世」と呼ばれたほどの優秀なガードです。
ちなみにマジック・ジョンソン選手は、「NBA歴代の偉大な50人の選手」に選ばれたレジェンド。スミス選手は1994年のワールドカップ、2000年のシドニーオリンピックにも参加しており、引退後も解説者として活躍しています。

MVPにして得点王 ドウェイン・ウェイド

ヒートは2003年、NBAドラフトでドウェイン・ウェイド選手を指名しました。ウェイド選手はNBAドラフト5位のSGですが、状況に応じてPGにも回れる万能なガードです。「フラッシュ」の愛称で親しまれ、2004年の「NBAオールルーキーチーム」でファーストチームにも選ばれました。
その後も2006年に「NBAファイナルMVP」、2009年に「得点王」の実績を築き上げ、オリンピックやワールドカップにも参加した選手です。NBAスキルチャレンジで2回も優勝して、2016年までマイアミ・ヒートに在籍していました。

おすすめの記事