「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

NBAドラフト歴代1位の活躍!シャーロット・ボブキャッツの5選手

2017 7/10 10:01イシカワヒロキ
バスケットゴール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by CP DC Press/Shutterstock.com

2004年に創設された、NBAの中でも新しいチーム「シャーロット・ボブキャッツ」。2014年からは「シャーロット・ホーネッツ」に名称変更されましたが、ボブキャッツ時代から優秀な選手が集まっています。今回はこのボブキャッツのNBAドラフト選手5名をご紹介します。

ルーキー歴代1位 エメカ・オカフォー

ボブキャッツ創設時、NBAドラフト2位で指名されたのがエメカ・オカフォー選手です。オカフォー選手のポジションはセンター(C)兼パワーフォワード(PF)。
実力は折り紙つきで、2004年のアテネオリンピックにも出場しています。2005年には新人王に選出されたほか、「NBAオールルーキーチーム」ではファーストチームで活躍しました。リバウンド・ブロックに関しても、毎シーズン上位の成績を残しており、2009年までボブキャッツに貢献してきました。

ボブキャッツの優れたPG レイモンド・フェルトン

2005年にボブキャッツがNBAドラフト指名したのが、レイモンド・フェルトン選手です。フェルトン選手はNBAドラフト5位のポイントガード(PG)。
ルーキーシーズンの2005~2006年から54試合スターターで活躍した選手です。2006~2007年シーズンも14.0得点、7.0アシストと安定しており、ボブキャッツに貢献してきました。また、優秀なPGに与えられる「ボブ・クージー賞」も与えられ、2010年までボブキャッツに在籍しました。

おすすめの記事