「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

インディアナ・ペイサーズで活躍!NBAドラフト歴代1位の選手

2017 7/10 10:01イシカワヒロキ
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by melis/Shutterstock.com

インディアナ州インディアナポリス市をホームとしている、インディアナ・ペイサーズ。これまでにさまざまな選手が活躍しており、強豪NBAチームとも呼ばれています。今回は、NBAドラフト選手歴代1位選手を中心にご紹介します。

ペイサーズのライフルマン チャック・パーソン

1986年のNBAドラフトでインディアナ・ペイサーズが指名したのが、チャック・パーソン選手です。彼は当時ドラフト4位の実力でしたが、スモールフォワード(SF)として活躍し、新人歴代1位として見事「新人王」に選ばれました。
また、正確なシュート力から「ライフルマン」という異名を持っています。パーソン選手はペイサーズの得点源となり、チームのプレイオフ進出をアシストしました。1987年の「NBAオールルーキーチーム」のファーストチームにも参加し、その実力を披露した選手です。

レジー・ミラーは ペイサーズ史上最も有名な選手

1987年のNBAドラフトでは、11位のレジー・ミラー選手がペイサーズに指名されました。彼のポジションはシューティングガード(SG)。
ミラー選手は18年間もペイサーズに在籍することになり、「インディアナ・ペイサーズ史上最も有名な選手」として知られています。彼は1995年の試合で、残り16.4秒、6点を追う状況で、スリーポイント2本、フリースロー2本を決めた偉大な選手です。2005年にはフリースロー成功率1位を記録して、チームに大きく貢献しました。

おすすめの記事