「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

NBAドラフト歴代1位選手も活躍中 クリーブランド・キャバリアーズ

2017 7/10 10:01イシカワヒロキ
クリーブランド・キャバリアーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by charnsitr/Shutterstock.com

オハイオ州クリーブランドを拠点としている、クリーブランド・キャバリアーズ。キャバリアーズには「騎士」という意味があるNBAチームですが、これまでにどんな選手が活躍していたのでしょうか?今回は、クリーブランド・キャバリアーズで有名なドラフト選手を中心にご紹介します。

キャブス一筋 ジードルーナス・イルガウスカス

キャバリアーズは、1996年にセンターポジションのジードルーナス・イルガウスカス選手をドラフト指名しました。彼は当時ドラフト20位でしたが、ルーキーシーズンである1997~1998年に全82試合出場を果たしました。
イルガウスカス選手は、1998年の「ルーキーオールスターゲーム」でも活躍し、2010年までキャバリアーズに在籍。ファンの間で「キャブス一筋」とされ親しまれました。

歴代1位でありエースとして活躍、レブロン・ジェームズ

キャバリアーズは2003年、ドラフト1位指名権を獲得。当時のドラフト1位が、その後キャブスをけん引するレブロン・ジェムーズ選手でした。彼は2003~2004年のルーキーシーズンから20得点5アシスト5リバウンドという好成績を残しました。
これはオスカー・ロバートマン選手、マイケル・ジョーダン選手に続く、史上3人目の快挙です。ルーキーチャレンジでもチーム最多33得点で新人王に輝き、キャブスのエースとして活躍していました。

おすすめの記事