「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代1位も活躍!トロント・ラプターズで有名なNBAドラフト選手

2017 7/10 10:01イシカワヒロキ
トロント・ラプターズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by DayOwl/Shutterstock.com

カナダのオンタリオ州トロントに本拠地がある、トロント・ラプターズ。「ラプトル」という恐竜を名前に取り入れている、ユニークなNBAチームです。今回は、トロント・ラプターズで有名なドラフト選手についてご紹介します。

1999年の新人王 ヴィンス・カーター

トロント・ラプターズが1998年にドラフト指名したのが、シューティングガード(SG)のヴィンス・カーター選手です。彼は当時ドラフト5位であり、ゴールデンステード・ウォリアーズに指名されていました。
しかし、ラプターズがドラフト4位のアントワン・ジェイミソン選手とトレードして、カーター選手を選びました。その期待に応えるように、カーター選手は「1999年の新人王」「NBAオールスターゲーム8回出場」「シドニーオリンピック金メダルへの貢献」など、輝かしい功績を残した選手です。

ラプターズのサウスポー、クリス・ボッシュ

2003年、ラプターズはドラフト4位のクリス・ボッシュ選手を指名しました。ボッシュ選手はポジションがパワーフォワードであり、サウスポーの選手です。
ところが、ルーキーシーズンの2003~2004年には「センターポジション」を任されました。彼はそんな状況でもきちんと実績を残し、リバウンドとブロックのラプターズにおけるルーキー記録を塗り替えました。2005~2006年シーズンには、ラプターズのキャプテンとしても活躍した選手です。

おすすめの記事