「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボストン・セルティックスのNBAドラフト歴代1位をチェック

2017 7/10 10:01SOL
ボストン・セルティックス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by 360b/Shutterstock.com

ファイナル進出回数21回、そのうち優勝回数17回。 NBAの中でも指折りの強豪クラブとして知られるのが、ボストン・セルティックスです。 本稿ではNBAドラフト1巡目指名でセルティックス入りした選手たちを紹介します。

黄金期のシックスマン、フランク・ラムジー選手

1953年のNBAドラフトでボストン・セルティックスに1巡目3位で指名されたのが、フランク・ラムジー選手。
入団直後はセントルイス・ホークスへのトレードや兵役などの影響もあり、1シーズン半ほどセルティックスを離れたものの、1956-57シーズンに再加入。スタメン級の実力を持っていたものの、チームの方針でシックスマンとして起用されると、チームに勝利をたぐり寄せる活躍を見せ、チーム初優勝に貢献しました。 1958-59シーズンにも優勝を果たすと、セルティックスはここから8連覇を達成。ビル・ラッセル選手やボブ・クージー選手などとともにチームの黄金期を作り上げました。

「レジェンド」の異名を持つラリー・バード選手は1978年入団

1978年のNBAドラフトで1巡目6位指名を受けたのが、インディアナ州立大学のラリー・バード選手。 正確な長距離シュートを武器に、1年目からチームの得点源として活躍し、新人王を獲得します。ロバート・パリッシュ選手が加入した1980-81シーズンには初のNBAチャンピオンを経験しました。
長身ながら中長距離シュートの正確さは群を抜いており、3ポイントシュートで多くの得点をマーク。さらにはリバウンドの強さ、パスセンスも秀でており、高水準なオールラウンダーとして一時代を築きました。
1984年から86年まで3シーズン連続でシーズンMVPを獲得。チャンピオンに輝いた回数は3度、ファイナルMVPにも3度選ばれており、80?90年代のセルティックスの全盛期を支える選手として活躍しました。

おすすめの記事