「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAドラフト歴代1位をチェック

2017 7/10 10:01SOL
ロサンゼルス・レイカーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by dean bertoncelj/Shutterstock.com

世界に名だたる大都市・ロサンゼルスに本拠を置くロサンゼルス・レイカーズ。 数あるチームの中でファイナル出場回数が31回という常勝軍団も、数多くのルーキーをNBAドラフトで獲得してきました。 本稿では、ドラフト1巡目でレイカーズ入りし、歴史を作った名選手たちを紹介していきます。

NBAのレジェンド、マジック・ジョンソン選手は1979年入団

1979年、ミシガン州立大学を中退してロサンゼルス・レイカーズ入りしたのがマジック・ジョンソン選手です。
デビューイヤーからポイントガードとしてチームの司令塔を担い、カリーム・アブドゥルジャバー選手などのポイントゲッターにパスを供給。司令塔としてだけでなく、スコアラーとしての一面も持ち、その年のファイナル最終戦では42得点・15リバウンド・7アシストと大暴れし、ルーキーとして史上唯一のファイナルMVPに輝いています。
生涯レイカーズを貫いたワンクラブマンで、キャリアを通じてチャンピオンリングを5度、個人としても3度のシーズンMVPとファイナルMVPを獲得。
間違いなく、マイケル・ジョーダン選手が活躍する前のNBAを象徴するプレーヤーです。1991年にHIV感染を告白して現役引退を表明したものの、現在も球団社長として辣腕を振るっています。

エレガントなプレーでファンを魅了したジェームス・ウォジー選手が入団

1982年にレイカーズ入りしたのが、ノースカロライナ大学出身のジェームス・ウォジー選手。
大学時代はマイケル・ジョーダン選手とともにプレーしていました。そのプレースキルのみならず、インテリジェンスに溢れたプレーヤーとして、すでに完成形にあったレイカーズのさらなる強みとしてルーキーイヤーから活躍。3年目からはスターターとしてシューティングフォワードのポジションを任されます。
速攻の場面では常に先頭に彼の姿があり、マジック・ジョンソン選手のパスを最前線で受けて数々のシュートを決めてきました。スピードあふれるだけでなく、プレーフォームも美しいと評されており、シュートフォームが自由の女神のように見えることから、彼のダンクシュートは「リバティーダンク」とも呼ばれました。
1987-88シーズンにはファイナルMVPを獲得しています。

おすすめの記事