「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ユタ・ジャズに入団したNBAドラフト歴代1位の選手を紹介!

2017 7/10 10:01m-wataru
バスケットゴール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by razihusin/Shutterstock.com

ユタ・ジャズは、1974年にニューオーリンズ・ジャズという名前で創立されたNBA所属チームです。1979年からは現在のユタ・ジャズに名前を変更しています。 こちらでは、そんなユタ・ジャズがNBAドラフトで1巡目指名を行ってきた歴代選手をご紹介します。

ユタ・ジャズの伝説的ポイントガード!ジョン・ストックトン選手

ジョン・ストックトン選手は、1984年にNBAドラフトにおいて全体16位でユタ・ジャズから1巡目指名を受けました。1985年にユタ・ジャズに入団したカール・マローン選手とのコンビプレーで長きに渡りチームを牽引。
ストックトン選手は生涯通算アシスト数で歴代1位(15,806回)を誇り、シーズン最多アシストを9回記録しています。また、ディフェンス面でも通算のスティール数歴代1位(3,265回)という記録を保持している、まさに伝説の選手なのです。

通算得点で歴代2位 カール・マローン選手

カール・マローン選手は、1985年のNBAドラフトで全体13位、ユタ・ジャズに1巡目指名を受けました。ルーキーシーズンから平均14.9得点を挙げるなど優れた成績を残しています。現役時代は、ほとんどの年で平均20得点を挙げており、ストックトン選手とのコンビプレーは予測できても止められるものではなかったとも言われています。
生涯通算得点は36,928点で歴代2位となっており、ストックトン選手と共にユタ・ジャズの黄金時代を築いた選手です。

おすすめの記事