「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

シアトル・スーパーソニックスのNBAドラフト歴代1位の選手は!?

2017 7/10 10:01m-wataru
バスケットボールコート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Adam Vilimek/Shutterstock.com

シアトル・スーパーソニックスは、1967年に創立されたチームです。2008年に本拠地をオクラホマシティに移し、チーム名をオクラホマシティ・サンダーに変更しました。 今回は、名称変更以前のシアトル・スーパーソニックス時代の同チームに注目し、NBAドラフト一巡目の歴代指名選手をご紹介します。

1979年のNBAチャンピオンに貢献したフレッド・ブラウン選手

ブラウン選手は、1948年にアメリカ合衆国ウィスコンシン州に生まれました。高校、大学時代から優れた成績を残しており、1971年にNBAドラフトにおいて全体6位でスーパーソニックスに一巡目で指名されました。
ルーキーシーズンはベンチから試合を観ることの多かったブラウン選手ですが、プロ2年目には平均13.5得点を挙げるなどその後の活躍を予感させる成績を残します。1974年シーズンには1試合58得点を挙げており、これはソニックス歴代1位の記録となっています。1978年シーズンには主力選手としてチームをNBAチャンピオンに導きました。

世界最高峰のポイントガード ゲイリー・ペイトン選手

ゲイリー・ペイトン選手は、1990年にNBAドラフトにおいて全体2位でスーパーソニックスから一巡目指名を受けました。洗練されたオールラウンドなオフェンス能力と高いディフェンス技術を有しており、ポイントガードとして世界最高峰の選手の一人として知られています。
ペイトン選手は、2003年までスーパーソニックスに在籍していますが、特に1995年シーズンはスティール王、NBA最優秀守備選手を受賞するなど飛躍の年となりました。キャリアの中で9回オールスターゲームに出場するなど、人気、実力ともに兼ね備えた選手でした。

おすすめの記事