「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ポートランド・トレイルブレーザーズのNBAドラフト歴代1位選手

2017 7/10 10:01m-wataru
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Brocreative/Shutterstock.com

NBAではドラフト指名で入団した選手がチームの代表的な選手となり、その後シーズンの成績を大きく左右することがあります。 この記事ではトレイルブレーザーズに注目して、NBAドラフトで1巡目に指名を受けた歴代選手をご紹介します。

チーム初のドラフト獲得選手であるジェフ・ペトリー選手

ペトリー選手は1948年、アメリカ合衆国ペンシルベニア州に生まれます。大学時代からスター選手として知名度があり、1970年にNBAドラフトにおいて全体8位指名でトレイルブレーザーズに入団しました。ペトリー選手は同チームにとって初めてドラフトで獲得した選手でした。
ルーキーシーズンには2000得点以上を獲得して新人賞を受賞。同年と1974年にはオールスターゲームにも出場するなど、チーム初のスター選手だとも言われています。彼が使用していた背番号45は、後に永久欠番になりました。

チームをNBAチャンピオンに導いたビル・ウォルトン選手

ビル・ウォルトン選手は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身。父親もバスケット経験者で、かつてロサンゼルス・レイカーズでプレーしていました。そんなウォルトン選手は1974年、全体1位でトレイルブレーザーズからドラフト指名を受け入団します。
トレイルブレーザーズには1974年から1978年まで在籍し、1977年にはリバウンド王、ブロック王に輝きました。同シーズンにはチームもNBAチャンピオンになっており、ウォルトン選手はファイナルMVPに選出されるほどの活躍を見せました。

おすすめの記事