「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ミネソタ・ティンバーウルブズのNBAドラフト歴代1位選手を紹介!

2018 1/2 19:01m-wataru
ターゲットセンター
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ken Wolter/Shutterstock.com

1989年にNBAに加入したミネソタ・ティンバーウルブズは、これまで様々な選手をドラフトで獲得してきました。今回は、ミネソタ・ティンバーウルブズからNBAドラフト1巡目指名を受けた歴代選手をご紹介します。

長きに渡りティンバーウルブズを牽引 ケビン・ガーネット選手

ガーネット選手は、1995年のNBAドラフトにおいてティンバーウルブズから1巡目全体5位指名を受けてプロ入りを果たしました。この時ガーネット選手は高校卒業直後で、同様に高校卒業後の選手がNBAドラフトで指名を受けた例は、1974年にまで遡ります。
このことから、彼が期待通りにプロの世界で活躍できるのかを不安視する声もありました。 しかしガーネット選手はティンバーウルブズに在籍した1995年から2007年までの間、エースとしてチームを支える重要な存在となりました。

シュート成功率に定評のあるウォーリー・ザービアック選手

ザービアック選手はスペイン・マドリード出身の選手です。
大学卒業後、1996年に全体6位でティンバーウルブズから1巡目指名を受けました。ルーキーシーズンでは53試合に先発でプレーし、平均11.6得点という成績を残しています。2006年までティンバーウルブズに在籍し中心選手として活躍しました。
高い確率でミドルシュートを決めることに定評があり、生涯を通じたフィールドゴール成功率は5割近く、3ポイントシュートを決めることもできる選手でした。

おすすめの記事