「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【NBAドラフト】シャーロット・ホーネッツの歴代1位の選手

2017 7/10 10:01おしょう
タイムワーナーケーブルアリーナ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by meunierd/Shutterstock.com

2004年に前身のシャーロット・ボブキャッツが発足、2014年に再編され現在のシャーロット・ホーネッツとなりました。 歴史的にも若く、ファイナルの進出経験もまだないチームですが、有望な選手が在籍しています。今回はそんなシャーロット・ホーネッツの歴代ドラフト1位をご紹介します。

2004年 エメカ・オカフォー選手

ドワイト・ハワード選手に次ぐ全体の2位でシャーロット・ボブキャッツに入団。しかし、チームはまだ創設間もない時期であったため厳しいシーズンを強いられます。それでもオカフォー選手は孤軍奮闘の活躍を見せて、新人王を獲得。ディフェンス面での貢献が大きい選手で、チームのインサイドを固める役割を担っていました。
2年目以降は、ドラフト2位としては物足りない成績が目立ち、怪我の影響とチームの苦境が重なり厳しいシーズンを過ごしました。

2005年 レイモンド・フェルトン選手

レイモンド・フェルトン選手の出身であるノースカロライナ大学からはこの年のドラフトに5名が名を連ねましたが、いずれもドラフト1巡目で指名されるなど大きな注目を浴びました。フェルトン選手自身も全体で5位と高い評価を受けています。
ルーキーイヤーから出場時間に恵まれ、オールルーキーセカンドチームにも選出されました。それ以降も安定した動きを見せますが、2010年に退団し、チームを転々とすることになり、これまでに7つのチームを渡り歩いています。

おすすめの記事