「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【笑劇のプレー?】バスケットボール選手のアクシデント5選

2018 1/3 10:01Mimu
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ververidis Vasilis/Shutterstock.com

スポーツといえば、アクシデントがつきもの。時には観客を驚かせ、時には観客を笑わせ…試合の良きアクセントとなります。今回は、そんなスポーツのハプニングの中でも、バスケットボール選手に関するものを紹介しましょう。

招かざる客を一発退場!?

まず紹介するのは、2009年に起きたアクシデントです。開幕直後に行われたサンアントニオ・スパーズ対サクラメント・キングス戦でのこと。
第1クォーターの途中、思わぬお客さんが試合に乱入してきました。といっても、乱入してきたのは人ではなく、なんとコウモリ。試合中のコートにコウモリが乱入してきたのです。これには選手たちも観客も困惑し、試合は一時中断となりました。
この乱入以上に観客が驚いたのは、このコウモリをスパーズのマヌ・ジノビリ選手が素手で撃退してしまったのです。コウモリに対して平手打ちを放つと、見事これが1発命中。地面にへたったコウモリをそのままコートの外まで運びました。この見事なパフォーマンス(?)には、観客も大歓声。ただ、コウモリは感染症を持っていることもあるので、本当は素手で触ってはいけません。

ダンクコンテストなのに…

続いて紹介するのは、1996年のダンクコンテストでのアクシデントです。このコンテストでは、豪快かつ派手なプレーが魅力ですが、このコンテストでおそらく唯一であろう、普通のレイアップシュートを決めてしまった選手がいるのです。
その選手とは、オーランド・マジックに所属していた新人、ダレル・アームストロング選手。当時のコンテストは90秒以内で好きなだけダンクをするというルールだったのですが、アームストロング選手は最初の1本こそ成功したものの、その後3本続けて失敗。残り時間も少ない中で、最後の1本に向かったのですが……。
タイミングが合わなかったのか、豪快なダンクではなく、普通のレイアップシュートになってしまったのです。後にNBAを代表するポイントガードとなるアームストロング選手ですが、そんな名選手でも新人時代はこんなことがあったのです。

おすすめの記事