「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【車いすバスケ】海外リーグで活躍する日本人選手たち!

2017 7/10 10:01Mimu
車いすバスケケットボールプレイヤー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by FXQuadro/Shutterstock.com

今やかなりの知名度を誇るようになった車いすバスケ。実は多くの日本人選手が海外リーグで活躍していることをご存じでしたか? 今回は、過去に海外で活躍した選手や、現在海外クラブで活躍する選手たちを紹介していきましょう。

車いすバスケ界のパイオニア!神保康広

まず紹介するのは、神保康広さんです。日本人車いすバスケットプレーヤーとして、初めて海外リーグで活躍した、いわばパイオニア的存在ですね。
1970年生まれの神保さんですが、18歳の時に車いすバスケに出会うと、20歳の時には車いすバスケの強豪チーム「千葉ホークス」に加入。92年にはバルセロナパラリンピックの日本代表チームにも選ばれるなど、非常に高いセンスを持っていました。
そして、2000年には企業からの支援もあって、アメリカのNMBA(全米車いす協会)に所属する「ストリーム」に入団します。このNMBAはD1とD2に分かれており、当時ストリームはD2所属のチームだったものの、神保さんの活躍もあって00-01シーズンで優勝を果たすと、わずか1年でD1へと昇格しました。02年からは同リーグの「テンバーローリングナゲッツ」へ移籍し、全米選手権のベスト4に輝きます。
その後は帰国し、選手としては第一線を退きましたが、現在もこの車いすバスケ界でさまざまなことにチャレンジ中です。

現在は車いすフェンシングの選手!?安直樹

続いて紹介するのは、安直樹(やす なおき)選手です。神保さんの少し後、90年代後半~00年代にかけて活躍しました。
中学3年生の時に車いすバスケを始めると、その後まもなく千葉ホークスに所属。そして2007年からは、オーストラリアナショナルリーグの「ウィルキングス」やイタリアチャンピオンリーグセリエAの「サッサリ」、「ポルト・トーラス」といった、世界最高峰のリーグのチームで活躍しました。また日本代表として、アテネパラリンピックに出場しています。
選手としての活躍のみならず、車いすバスケの一般的な認知度を高めるための取り組みを積極的に行っている人物でもあります。全国の小中学校で講演活動を行ったり、著書を出版したりなど、この業界に与えた功績は計り知れません。
そして、現在では車いすバスケを引退し、一線を退くかと思いきや、なんと車いすフェンシングの選手へと転身。すでに日本代表としてワルシャワワールドカップにも出場。本気で東京パラリンピックでのメダルを狙っており、今後の活躍に注目です。

おすすめの記事