「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【NBA】3Pコンテストの名場面といえば?

2017 6/13 12:41おしょう
NBA
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Marcos Mesa Sam Wordley/Shutterstock.com

年に一度NBAがお祭りのように盛り上がるオールスター、その中の3PコンテストもNBAファンには人気がある。今回は、そんな3Pコンテスト歴代の名場面を紹介する。

ラリー・バード選手の3連覇

1986年、1987年3Pコンテストで優勝したラリー・バード選手。1988年は3連覇がかかった大事な年だった。そこでバード選手は他の選手に先制攻撃を仕掛ける。「この中で2位になるのは誰なんだい?」そうロッカールームで尋ねたのだった。
その自信の通り勝ち進むラリー・バード選手だが、決勝戦序盤のシュートでミスが響いてしまう。それでも、終盤の猛チャージで追い上げると、最後のシュートは入る前に人差し指を突き上げて勝利を確信し、見事3連覇に輝いたのだった。

3Pコンテスト史上最低記録

3Pコンテスト史上最低記録という不名誉な記録は1990年に記録された。その人物というのがあのマイケル・ジョーダン選手だったのだ。
まさかの30本中5本という記録に終わったのだった。(1988年のデトレフ・シュレンプ選手も最低タイ記録)これには本人も笑うしかなかったようだ。プレーオフやファイナルなどの大一番でブザービーターを決めてきたジョーダン選手だが、思わぬ一面も保有していたのだった。

スプラッシュ・ブラザーズ対決

スプラッシュ・ブラザーズとは、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリー選手とクレイ・トンプソン選手の愛称だ。
2015年その2人が3Pコンテスト決勝で激突した。決勝というプレッシャーがかかる舞台だったが、カリー選手が3本目から13本連続で沈め、それまで最高の27得点を記録。その後トンプソン選手は超えることができず、カリー選手が優勝を飾った。
その翌年の2016年にもスプラッシュブラザーズ対決が再現され、その年にはトンプソン選手がリベンジを果たしている。

19本連続の成功

1990年の3Pコンテストで優勝した選手がクレイグ・ホッジス選手だ。決勝戦で25得点、スタートから19本連続成功という記録を叩き出した。得点の記録は後に塗り替えられたが、この19本連続成功という記録は未だ塗り替えられていないのだ(2017年現在)。
しかしクレイグ・ホッジス選手の名はあまり有名とはいえない。なぜなら3P専門選手で、公式戦には途中出場がほとんどだったからだ。それでも、3Pコンテストでは3度の優勝経験がある実力のる選手なのだ。

ジェイソン・カポノ選手の2連覇

ジェイソン・カポノ選手は2007年、2008年の3Pコンテストで2連覇を果たしている。2008年には25本のシュートを沈め、当時の最多得点記録を樹立している。
カポノ選手は、2007年、2008年とレギュラーシーズンでも3Pシュートの成功率で1位に輝いており、さらに2007年には50%を超えていた。3Pコンテストを優勝したことで当時のリーグでも屈指の3Pシューターであることを証明したのだった。

まとめ

3Pコンテストは、オールスターの中でも大きな注目を浴びるイベントだ。レギュラーシーズンで出場機会に恵まれていなくても、3Pのみに秀でた選手が優勝するチャンスがあり、優勝の予想が難しいイベントでもある。今後最多得点などの記録を塗り替える選手は現れるのか。3Pコンテストに注目だ。

関連記事

おすすめの記事