「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【名場面5選】NBAオールスターの名試合を振り返る

2017 6/13 12:41Mimu
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by plavevski/Shutterstock.com

NBAの年に1度のお祭り、オールスターゲーム。 NBAを代表するトップ選手たちが一堂に会し、毎年熱戦を繰り広げる。 今回はそんなオールスターの試合の中でも、特に名場面だと語り継がれるものを振り返っていこう。

地元ファンが熱狂した2017年オールスター

2017年のオールスターを紹介する。このオールスターで目立っていたのは、やはりアンソニー・デイビス選手だ。192-182とお互いに点の取り合いとなったこの試合だが、デイビス選手はこの試合でなんと52得点も記録したのだ。これは1966年にウィルト・チェンバレン氏が記録した42得点を大幅に塗り替える数字だ。
この活躍には地元ニューオーリンズの観客たちも大歓声だった(このオールスターはニューオーリンズで開催、デイビス選手はニューオーリンズ・ペリカンズ所属)。そして、デイビス選手は文句なしのMVPに選ばれている。

大どんでん返しの起きた2001年オールスター

2001年のオールスターを紹介しよう。いまだこの年の試合がオールスター史上最高なのではないかという声もあるほど、劇的な試合だった。
ドラマは第4クオーター終盤から始まった。ここまで2点差で西カンファレンスがリードしていたのだが、3分13秒には東カンファレンスのトレイシー・マグレディー選手がリバウンドをねじ込み、同点に追いつく。
西カンファレンスもブライアン・コービー選手の3Pで再び突き放すするが、残り53.9秒には東カンファレンスのステファン・マーブリー選手の3ポイントが炸裂。
またも同点に追いくのだ。そして28.4秒、再びマーブリー選手が3ポイント!これが決まり、とうとう東カンファレンスが逆転!そしてそのまま勝利となった。

おすすめの記事