「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【名場面5選】NBAプレイオフ名試合を振り返ろう

2017 6/13 12:41Mimu
バスケットボール スリーポイント
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by CP DC Press/Shutterstock.com

その年の頂点に立つチームを決めるのはNBAファイナルだが、そのファイナルに進出するチームを決めるプレイオフにも、見逃せない試合は多い。 今回はそんなNBAプレイオフの名場面を紹介していこう。

キャリア2年目の若手が起こしたブザービーター

2014年のプレイオフから紹介する。ポートランド・トレイルブレイザーズとヒューストン・ロケッツとの組み合わせで行われた西カンファレンスの1回戦、第6試合でのこと。序盤から熱戦が続き、残り3分の時点では91-93でロケッツがリードという状況だった。
だがここから両者一歩も引かない。まずブレイザーズのロビン・ロペス選手が3Pを決め94-93と逆転すると、今度はロケッツのドワイト・ハワード選手がレイアップを決め、94-96と再逆転。しかし、残り40秒でブレイザーズのニコラス・バトゥーム選手が得点し96-96の同点に。が、残り0.9秒でロケッツのチャンドラー・パーソンズ選手が勝ち越しシュートを決め、96-98。これで勝負ありかと思われた。
ラストプレー、試合を決めたのは2年目の若手、ディミアン・リラード選手だった。このわずか0.9秒を使って3Pシュートを放つと、これが見事に決まり99-98!みごとな大逆転勝利を果たすのだ。

たった1人で引き起こした大逆転劇

1995年のプレイオフを紹介しよう。東カンファレンスのプレイオフ2回戦、ニューヨーク・ニックスとインディアナ・ペイサーズの組み合わせで行われた第1試合だ。試合は終始ニックスペースで進み、残り16秒の時点で99-105と、6点リードがあった。
しかし、ここでペイサーズのレジー・ミラー選手が奇跡を起こす。この残り16秒という状況から、まずスリーポイントを決め3点差とすると、プレーが再開するや否や、相手パスをスティールし、目にもとまらぬ早さで再びスリーポイントを放つのだ。たった1人で、わずか数秒の間で、同点に追いついてしまった。さらにその後フリースローを2本決め、これで107-105。チームは奇跡の大逆転勝利を果たした。

おすすめの記事